• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

『 FREQROL-F800 』 内のFAQ

96件中 61 - 70 件を表示

前へ 7 / 10ページ 次へ
  • シーケンス機能について

    処理速度やスキャンタイムなどシーケンサと比べ遅くなります。入出力点数やプログラム容量、命令数など制約があります。詳細は取扱説明書を参照願います。

    • FAQ番号:17976
    • 公開日時:2014/03/05 17:20
  • RS-485通信時のモニタ表示について

    モニタのマイナス表示はできません。Pr.290、Pr.1018の設定は無効になります。

    • FAQ番号:19995
    • 公開日時:2018/04/13 16:36
  • 端子応答時間について

    2~3mSです。Pr.289 本体出力端子フィルタ、Pr.699 入力端子フィルタを設定することにより、FR-A700の端子応答性と互換をとることができます。5~8msを目安に設定し、システムに合わせて調整してください。

    • FAQ番号:19443
    • 公開日時:2016/09/30 15:34
  • シーケンス機能について

    ベクトル制御の場合 : 正転指令が無い場合でもモータが回転を行えばONします。 ベクトル制御以外の場合 : 正転+RUN(出力周波数)でONします。

    • FAQ番号:19434
    • 公開日時:2016/09/30 15:33
  • 最適励磁制御について

    FR-F800シリーズでは従来の最適励磁制御に加え、始動時のトルクを向上したアドバンスト最適励磁制御を搭載しています。

    • FAQ番号:18312
    • 公開日時:2014/09/30 18:25
  • FR-A800-Eについて

    標準品と同様に対応可能です。

    • FAQ番号:19479
    • 公開日時:2016/12/27 18:39
  • キャリア周波数自動低減機能について

    85%以上の電流になると即動作します。制限解除は80%以下になると解除されます。

    • FAQ番号:19439
    • 公開日時:2016/09/30 15:34
  • シーケンス機能について

    SD1148は同時にSTF RHなど複数のbitがONできます。SMは、個別でのONになります。SD1148をH5にした場合とSM1200(STF)とSM1202(RH)をONした場合は同じ意味になります。SM1255のインバータ動作状態制御選択をONにすると特殊レジスタが、OFFにすると特殊リレーが有効になります。

    • FAQ番号:18408
    • 公開日時:2014/12/24 16:40
  • 操作パネルについて

    操作パネルを操作しない状態が続き、Pr.1048ディスプレイオフ待ち時間の設定時間が経過するとディスプレイオフモードになり、ディスプレイオフモード中は“MON”LED がゆっくり点滅します。

    • FAQ番号:18309
    • 公開日時:2014/09/30 18:23
  • トレースデータについて

    トレースデータはインバータの内蔵RAMに保存され、電源OFF時やインバータリセット時に消去されます。下記条件でデータを保持できます。・R1,S1端子や外部24V電源により制御電源を別電源にして、 常時制御回路を通電した状態とする。・Pr.30回生機能選択 =”100~102、110、111、120、121”(主回...

    • FAQ番号:18306
    • 公開日時:2014/09/30 18:21

96件中 61 - 70 件を表示