• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 地絡過電圧継電器(MVG-A1,A2形) 』 内のFAQ

10件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 1ページ 次へ
  • 接地形計器用変圧器(EVT)との接続

    三菱製であればEFシリーズになります。詳細仕様はカタログ及び取扱説明書をご確認ください。 なお、JEC1201に準拠したEVTであれば接続可能です。

    • FAQ番号:20795
    • 公開日時:2018/08/24 18:56
  • MPD-3形零相電圧検出器を用いた試験

    MPD-3T形トランス箱の試験端子(T)を使用して試験を行う場合は、MPD-3の一次側の3相を一括して試験を行う場合に比べ、1/10倍の電圧印加で試験を行えます。 目的に応じて下記の試験方法をご選択ください。 1. MPD-3C形高圧コンデンサを含め、系統設備の確認で試験を行う場合   →MPD-3の一...

    • FAQ番号:23813
    • 公開日時:2018/09/22 10:57
  • 他社製品との接続

    他社製の零相電圧検出器(ZVT)は接続できません。

    • FAQ番号:23102
    • 公開日時:2018/09/06 16:06
  • MVG-A1形地絡過電圧継電器と接続する零相電圧検出器

    接続する零相電圧検出器はMPD-3形零相電圧検出器です。

    • FAQ番号:23096
    • 公開日時:2018/09/04 10:35
  • テストボタンと継電器の動作

    「動作時間(s)」で整定した時間以上、テストボタンを長押しすることで継電器が動作します。 ただし、「動作電圧V0(%)」の整定を『LOCK』のポジションに合わせている場合は動作しません。

    • FAQ番号:23768
    • 公開日時:2018/09/26 11:50
  • 零相電圧の動作値

    試験端子(T)から試験電圧を印加した場合、通常の入力の1/10倍で試験ができるようになっております。 そのため、試験は1/10倍の入力で行って下さい。

    • FAQ番号:20788
    • 公開日時:2018/08/27 12:13
  • 制御電源(MVG-A1,A2形地絡過電圧継電器)

    使用できません。制御電源はAC110Vです。

    • FAQ番号:23661
    • 公開日時:2018/09/19 15:33
  • 継電器と周辺機器(MVG-A1形地絡過電圧継電器)

    MVG-A1形地絡過電圧継電器は、周辺機器を含めた装置として動作保証しております。 そのため、周辺機器(ZVT)も弊社指定の製品(MPD-3形零相電圧検出器)へ更新する必要があります。

    • FAQ番号:23416
    • 公開日時:2018/09/19 15:33
  • 電灯回路からの制御電源確保

    ご使用いただけますが、電灯回路停電時には継電器の電源が確保できないため、保護区間が保護できません。ご注意ください。

    • FAQ番号:20797
    • 公開日時:2018/08/24 18:51
  • 事故未発生時の零相電圧

    電力会社の配変用変電所を含む高圧系統において、3相合成に不平衡が生じている可能性があります。

    • FAQ番号:20792
    • 公開日時:2018/08/24 18:49

10件中 1 - 10 件を表示