• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ACサーボ MELSERVO 』 内のFAQ

731件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 74ページ 次へ
  • モ−タ−の電源リ−ド線

    技術資料集で推奨させていただいております通り、中継ケーブル電線は、線断面積 1.25mm2 の電線をご使用下さいますよう、お願い致します. 中継ケーブルの配線長による線抵抗の増加、電流容量 等の見地から、上記電線 を推奨致しております. 以上、ご理解のほどよろしくお願い致します.

    • FAQ番号:10306
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: HC
  • ABSシステムで使用中にモータの現在値が変わってしまう

    電源リセットを実施するとサーボモータへの電力供給が遮断され、トルクが発生しなくなります。その間にモータが動いてしまっているものと推測されます。サーボオフ中にモータを動かしたくないのであれば、電磁ブレーキ等でサーボオフ中に動かないよう固定してください。

  • 入出力信号の論理変更

    できません。指令パルス列入力以外の入出力信号の論理は変更できません。

  • アナログモニタ出力の校正

    拡張パラメータにて、モニタ出力のオフセット値を設定できます。 MR−H□A・・・Pr50(MO1)、Pr51(MO2) MR−H□B・・・Pr27(MO1)、Pr28(MO2) (注)MR−H□Bのパラメータ番号はパラメータユニット(MR-PRU01A)で見たとき の番号です。モーショ...

    • FAQ番号:10574
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-H
  • MR−Hのパラメータユニットは使用できますか?

    MR−J2にMR−Hのパラメータユニットは使用できません。 お手持ちのパソコンでご使用になれる、セットアップソフトウェアを用意して おりますので、そちらをご使用ください。 MR−J2には、RS−232Cのシリアル通信機能を標準装備しています。

    • FAQ番号:10616
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: 共通
  • MR−H−D01カード装着時のDIO診断について

    オプションカード未装着時も同様です パラメータユニット”アラーム診断モード”の”DIO診断”にて、入力信号の確認は可能です。 また、”テスト運転モード”の”DO強制出力”にてオプションカードの DO(ディジタル出力信号)の強制出力も可能です。

    • FAQ番号:10668
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-H
  • ストロークリミット時の減速停止

    パラメータNo.22(OP4)の設定を『0001』とする事により緩停止となります。 位置制御 :パラメータNo.7(PST)の時定数で減速します。 速度制御 :パラメータNo.12(STB)の時定数で減速します。

  • H−C01基板の交換

    できません。 ハードウエア上では可能ですが、基板上のEEPROMにお客様が設定することの できないパラメータが設定されています。 これは、当社またはサービスセンターで設定いたしますので、御相談ください。 また、オプションの装着目的以外にお客様で分解などを行った場合、修理いたし かねる...

    • FAQ番号:10808
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-H
  • パラメータユニットのケーブル長について

    最大10mです。 RS232Cで通信をしておりますので10m以内でお使い下さい。

    • FAQ番号:10853
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-H
  • デ−タのEXCELでの編集の可否

    セットアップソフトウェアMRZJW3−SETUP41の モニタの数値データをEXCELにて編集することはできません。

731件中 1 - 10 件を表示