• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ACサーボ MELSERVO 』 内のFAQ

731件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 74ページ 次へ
  • MR−J2について A1SD75P2−S3との接続(PLC停止時の手動運...

    サーボアンプは外部DI/OにてJOG運転設定にできません。MR−J2の場合、ア ンプ前面の押しボタン若しくはセットアップs/wからJOG運転モードに設定してい ただくことになります。

  • 原点復帰をなくしたい

    絶対位置検出システムをご利用ください。 絶対位置検出システムは,電源のオン/オフに関係なくバッテリバックアップにより常時機械の位置を記憶しております。 よって、瞬時停電や非常停止などの電源断後の原点復帰が不要になり、立ち上げ復帰作業が簡単に行なえることを特徴とした システムです。

  • 制御切換について

    DI信号の制御切換(LOP)で行います。

  • アラーム11について

    プリント基板の異常があるときに発生します。 サーボアンプ内の部品の故障ですので、サーボアンプを交換してください。

    • FAQ番号:10550
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-J2
  • サーボアンプとモータは直結できるか?

    エンコーダの引き出しケーブル(0.3mまたは0.5m)があるタイプのサーボモー タ(HC-MF/HA−FFシリーズ)では、このケーブル長で接続できる距離であれば、特に 問 題なく接続することができます。 キャノンコネクタ方式のエンコーダは、接続ケーブルが必要です。

  • ブレーキ付の音について

    以下の2点の実施により、改善できると思います。 (1)サーボアンプのゲイン調整を行なって下さい。 (2)サーボアンプはMR−Jシリーズとのことでしたので、下記の手順で電流検出器の自動オ フセット調整を行って下さい。 (1)電源をオンし、5分以上そのまま放置します。 (2)サーボオン信号をオフしま...

  • MR−J2 の 力率改善リアクトル

    サーボアンプのLED表示が点灯していないのは、制御電源電圧が低いことが原因と考 えられます。電源部にご使用のNFBやMCの接触不良、ケーブルの誤配線等の原因も 考えられます。 制御電源は力率改善リアクトルの1次側から取るようにしてください。

  • 間違いですか?

    HA−FEシリーズは、DXFファイルを用意していません。 HA−FFシリーズと HA−FEシリーズはエンコーダが異なっているため、 エンコーダの寸法を下記の値に修正していただければ、HA−FFのDXF ファイルがご使用いただけます。 エンコーダ部分の長さを 5mm短くする。

  • MRーH サーボ運転中に電子ギアの変更をしたい

    増設DIOオプションカード 「MR−H−D01」を使用すれば、 外部から電子ギアの分子を変更する事ができます。 入力は16ビットのバイナリ入力と、5桁のBCD入力から選択できます。

    • FAQ番号:10921
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
    • カテゴリー: MR-H
  • 定格回転時以外の制御可能負荷慣性モーメント比

    サ−ボアンプの仕様書に記載の推奨負荷慣性モ−メント比は、定格回転速度・定格回転 速度の50%・定格回転速度の33%の何れの速度においても同一となります。

731件中 1 - 10 件を表示