• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 MR-J2S 』 内のFAQ

70件中 31 - 40 件を表示

前へ 4 / 7ページ 次へ
  • MR-J2からMR-J2Sに置き換えたら移動量が短くなった

    エンコーダの分解能が変わったため、コントローラからの指令の移動量を変更するか、電子ギアを設定してサーボモータ1回転あたりのパルス数を変更する必要があります。

    • FAQ番号:10452
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
  • アナログ速度指令について

    サーボアンプは汎用インタフェース対応サーボアンプ(Aタイプ)をご使用ください。 パラメータで制御モードを速度制御モードに設定してください。 技術資料集を参照して配線を実施してください。 以下の手順で運転を実施してください。 1. 非常停止(EMG)・サーボオン(SON)をONにしてください。サーボオン状態にな...

    • FAQ番号:10553
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
  • アラーム37について

    アラーム37(パラメータ異常)は、パラメータに設定範囲外の値が設定されると発生します。パラメータの設定値を確認してください。また、サーボアンプの故障によりパラメータの設定値が変わった場合に発生することもあります。その場合は、サーボアンプを交換してください。詳細については、技術資料集を参照してください。

    • FAQ番号:10490
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
  • SSCNETの終端抵抗

    必要です。終端用コネクタ(MR-A-TM)をCN1Bに取り付けて使用してください。SSCNET3では終端抵抗は不要ですが、末端のコネクタにはサーボアンプに付属のキャップを取り付けてください。

    • FAQ番号:10484
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
  • 複数台のサーボアンプ使用時、1台のノーヒューズ遮断器(NFB)で電源を制御...

    1台のサーボアンプにNFBを各1台設置頂くようお願い致します。 NFBを共用しますと、電線との保護協調が取れなくなり、また、容量の異なるサーボアンプにおいてNFBを共用する場合は、容量の小さいサーボアンプを保護できなくなり、危険です。

    • FAQ番号:10725
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
  • LEDの表示以外にバッテリ警告を知る方法

    サーボアンプの出力信号のバッテリ警告(BWNG)を使用することでバッテリ警告の発生をモニタすることができます。バッテリ警告(BWNG)は、バッテリ断線警告(アラーム92)またはバッテリ警告(アラーム9F)が発生したときにONになります。バッテリ警告(BWNG)を使用する場合は、パラメータ設定により任意の出力ピンに...

    • FAQ番号:10589
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
  • J2とJ2Sの配線の互換性

    そのままご使用いただけます。

    • FAQ番号:10443
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
  • LED表示がAbとAcを繰り返す

    次の点を確認してください。1. コントローラの軸設定が誤っていないか。またはサーボアンプの軸設定スイッチが正しく設定されているか。→コントローラ、サーボアンプの軸設定を正しく設定してください。2. 通信ケーブル(SSCNETケーブルまたはSSCNETIIIケーブル)が断線、折損していないか。→通信ケーブルを交換し...

    • FAQ番号:10407
    • 公開日時:2012/02/23 22:38
  • 長距離配線について

    サーボアンプとサーボモータとの間が長距離(50m~100m)となる場合、注意事項(エンコーダケーブルなど)があります。 また、機種によって配線可否異なりますので、営業窓口にご相談ください。

    • FAQ番号:18374
    • 公開日時:2014/11/26 13:18
  • アナログモニタの出力電圧

    アナログモニタの出力電圧は、モニタする項目によって出力電圧範囲が変化します。 トルクを出力する場合、最大トルクで8Vになります。 例えばMR-J4-Aでトルク制限(パラメータNo.PA11, 12)を設定している場合、トルク制限値に達したときに8Vを出力します。

    • FAQ番号:10428
    • 公開日時:2012/02/23 22:38

70件中 31 - 40 件を表示