• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ギヤードモータ 』 内のFAQ

101件中 61 - 70 件を表示

前へ 7 / 11ページ 次へ
  • 海外高効率規制

    2018年4月の段階で高効率規制はありません。 但し、2020年から0.12kW以上の容量で規制開始の動きがあり注意が必要です。

  • 耐圧防爆形ギヤードモータ

    GM-DBX形 0.4~2.2kWを用意しています。時間定格は40%EDです。 インバータ駆動はできません。

  • S-PMギヤードモータについて

    ご使用に際しては、 ①モータとドライブユニットが指定の組合せであること ②ドライブユニット1 台に対しモータが1 台であること ③モータとの接続配線長が30m以下であること を満足すれば使用可能です。

  • ギヤードモータの出力軸センターハイトについて

    ギヤードモータのセンターハイト公差は0~-0.5mmで製作されていますので、正確な調整を要する場合にはシムによる調整を 行ってください。

    • FAQ番号:19910
    • 公開日時:2018/03/20 15:10
    • 更新日時:2018/03/20 15:23
    • カテゴリー: ギヤードモータ
  • ブレーキ惰行時間について

    ブレーキ結線により制動時の惰行時間が異なります。 同時切り時は0.2~0.55秒、別切り時は0.1~0.3秒、早切り時は0.01~0.04秒で制動時間に移行します。 昇降用途では早切り結線を推奨します。

  • ブレーキの停止時間について

    電源OFF後一定時間経過後(惰行時間)ブレーキが動作し制動後(制動時間)停止します。 惰行時間はブレーキ結線により3通りの結線方法があります。 惰行時間が長い順に同時切り、別切り、早切り結線がありますので用途に応じ選択ください。

  • ギヤードモータの米国高効率規制への対応について

    2016年6月よりEISAエネルギー独立安全保障法(NEMA MG1-12-12) が制定され、NEMA Premium(IE3)基準となると共にギヤードモータも対象となりました。

    • FAQ番号:17989
    • 公開日時:2014/03/05 15:24
    • 更新日時:2018/03/15 15:52
    • カテゴリー: GM-Sシリーズ
  • オイル潤滑機種の取付角度について

    オイル潤滑機種は油面計で油量の管理を行う必要がありますので、指定角度外の使用はできません。 詳細はカタログを参照ください。

  • S-PMギヤードモータについて

    EN規格については準拠品(CEマーキング)で対応します。 中国CCC認証は対象外です。cUL規格は現在認証取得中です。(2018年3月現在)

  • 海外高効率規制

    欧州における高効率規制スケジュールに記載がありますが、遅れているようです。(2018年3月現在)

101件中 61 - 70 件を表示