『 SV22 』 内のFAQ

38件中 21 - 30 件を表示

前へ 3 / 4ページ 次へ
  • サーボモータの回転方向

    変更を有効にするためには、サーボパラメータ “PA14 回転方向選択/移動方向選択”を設定後、サーボアンプの電源をOFFにしてから再投入するか、コントローラリセットを実施して原点復帰してください。

    • FAQ番号:20213
    • 公開日時:2018/06/05 14:48
  • 軽度エラー120

    軽度エラー120は、「近点ドグ式、カウント式、リミットスイッチ兼用式原点復帰の再移動時、またはデータセット式原点復帰の始動時に、零点通過信号(M2406+20n)がOFFになっている」というエラーです。 サーボモータを1回転させると零点を通過(M2406+20n ON)します。 零点を通過させた後、原点復帰を...

    • FAQ番号:16397
    • 公開日時:2012/10/29 07:55
    • 更新日時:2018/05/28 14:35
  • 速度制限値

    指令速度には影響ありません。 ただし、速度制限値の変更により、実際の加減速時間は影響を受けます。

    • FAQ番号:16122
    • 公開日時:2012/08/24 17:35
    • 更新日時:2018/05/21 09:13
  • 仮想モードのエラー格納デバイス

    同期エンコーダの重度エラーになるのでD1123+10nのデバイスになります。(n=同期エンコーダ軸No.-1)

    • FAQ番号:11902
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • サーボモータの切離しについて

    アラームが発生している軸があると、仮想モードに入れません。 ただし、仮想モード上のクラッチでアラーム発生している軸を切り離せば、その他の軸は運転 できます。クラッチはメインシャフト側、補助入力側の両方をOFFして下さい。

    • FAQ番号:11821
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • 速度制御Ⅱ

    可能です。速度制御Ⅱ中に停止要求をONすると、送り現在値0のまま停止します。その後、位置決めを実行してください。

    • FAQ番号:16664
    • 公開日時:2012/12/12 20:42
  • エンコーダ同期時の補正について

    補助サーボを追加して指令を入力して下さい。 回転方向によってパルスが増加、減少しますので注意して下さい。

    • FAQ番号:11981
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • 位相補正

    メカ機構プログラムで位相補正に関するパラメータを設定します。位相補正を行う軸に対して、位相進め時間と位相補正時定数を設定し、位相補正処理有効フラグをONします。

    • FAQ番号:11878
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • 減速停止

    急停止減速時間の設定が、減速時間の設定値よりも大きいためです。 急停止減速時間を1~減速時間設定値の範囲内にしてください。

    • FAQ番号:11868
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
    • 更新日時:2018/05/18 09:13
  • エラー2035

    エラー2035は、サーボアンプで指令周波数異常を検出したときに出るサーボエラーです。 以下の対策を実施してください。1) サーボモータ許容回転速度(許容速度)以上の指令になっている場合   ・運転パターンを見直してください。2) サーボモータ許容回転速度(許容速度)未満の指令になっている場合   ・入出力信号の...

    • FAQ番号:18646
    • 公開日時:2015/04/16 13:15

38件中 21 - 30 件を表示