『 QD74MH 』 内のFAQ

12件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 2ページ 次へ
  • サーボモータの回転方向

    変更を有効にするためには、サーボパラメータ “PA14 回転方向選択/移動方向選択”を設定後、サーボアンプの電源をOFFにしてから再投入するか、コントローラリセットを実施して原点復帰してください。

    • FAQ番号:18641
    • 公開日時:2015/04/09 18:06
    • 更新日時:2018/06/05 09:09
  • エラー108

    エラー108(始動不可)は、停止信号がONの状態で始動要求を行った場合に出るエラーです。 “Md.26 軸動作状態”を確認して、軸動作状態が「20:サーボアンプ未接続/サーボアンプ電源OFF」の場合は、サーボアンプの制御回路電源をONにしてください。 なお、軸動作状態が「0: 待機中」,「1: 停止中」,...

    • FAQ番号:20239
    • 公開日時:2018/06/29 14:48
  • BUSY信号

    移動量“0”の位置制御をした場合もBUSY信号はONしますが、ON時間が短いため、シーケンスプログラムでON状態を検出できない場合があります。

    • FAQ番号:16992
    • 公開日時:2013/01/23 11:24
    • 更新日時:2018/05/30 11:54
  • エラー1201

    エラー1201は、絶対位置復元用バックアップデータを消失したときに出るエラーです。サーボアンプのバッテリを確認後、機械原点復帰を行ってください。

    • FAQ番号:16405
    • 公開日時:2012/11/01 17:58
  • サーボアンプの強制停止

    サーボパラメータ“機能選択A-1(PA04)”に「□1□□h:無効」を設定してください。

    • FAQ番号:20198
    • 公開日時:2018/05/30 10:06
  • 軸エラーリセット

    軸エラーリセットを実行しないと運転できません。エラー要因を取り除き、位置決めユニット/シンプルモーションユニットの軸エラーリセット後に原点復帰を実行してください。 位置決め運転を実行する場合も、エラー要因を取り除いて軸エラーリセットした後、始動してください。

    • FAQ番号:17101
    • 公開日時:2013/03/04 08:20
  • 原点アドレス

    原点復帰基本パラメータ“Pr.45 原点アドレス(72+150n,73+150n)”に設定してください。 2ワード単位で設定し、シーケンサレディ信号 OFF→ON 時の値が有効になります。 ※n=軸No.-1

    • FAQ番号:16128
    • 公開日時:2012/08/24 19:53
    • 更新日時:2018/05/28 11:26
  • 速度制限値

    指令速度には影響ありません。 ただし、速度制限値の変更により、実際の加減速時間は影響を受けます。

    • FAQ番号:20146
    • 公開日時:2018/05/24 17:00
  • エラー1205

    エラー1205(SSCNET通信異常)は、サーボアンプから受信したデータが異常な場合に出るエラーです。 <サーボパラメータ “PA14 回転方向選択/移動方向選択” を変更した場合> ・原点復帰をやり直してください。 <サーボパラメータ “PA14 回転方向選択/移動方向選択” を変更していない場合> ・SS...

    • FAQ番号:18645
    • 公開日時:2015/04/13 18:08
  • エラー2035

    エラー2035は、サーボアンプで指令周波数異常を検出したときに出るサーボエラーです。以下の対策を実施してください。 1) サーボモータ許容回転速度(許容速度)以上の指令になっている場合   ・運転パターンを見直してください。2) サーボモータ許容回転速度(許容速度)未満の指令になっている場合   ・入出力信号の...

    • FAQ番号:18642
    • 公開日時:2015/04/09 18:05

12件中 1 - 10 件を表示