• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 垂直多関節ロボット 』 内のFAQ

96件中 51 - 60 件を表示

前へ 6 / 10ページ 次へ
  • 複数台のロボット(R/C)をRT ToolBox2で同時モニタする方法

    ワークスペースに複数のロボット(R/C)を追加すれば同時にモニタできます。(同時モニタは32台以下です。) その場合、R/CはLANに接続してください。USB接続ではR/C1台にしか接続できません。 図1 詳細表示

    • FAQ番号:12081
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • MELSEC-FシリーズとロボットをCC-Link接続したい。

    MELSEC-Fシリーズの場合、形名「FX3U-16CCL-M」のCC-Linkユニットを使って接続できます。 ロボットの「CC-Linkインタフェース」はインテリジェントデバイス局の子局仕様です。したがって、ロボットに接続できるのは、インテリジェントデバイス局に対応したマスタ局のみです。 詳細表示

    • FAQ番号:18013
    • 公開日時:2014/03/20 17:44
  • プログラム運転モードでサイクル停止しない

    (1)パラメータ「SLT*」の「プログラム名」が間違っていないか、「運転モード」が ”CYC” になっているか確認してください。 (2)コンティニュー機能が有効な場合、スロット表「SLT*」パラメータを変更しても、スロット表へ反映されません。 一旦コンティニュー機能を無効にした後、電源をOFF、ONしてスロット表... 詳細表示

    • FAQ番号:12015
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 同梱されているフェライトコアの使用方法

    個数は取扱説明書「コントローラセットアップと基本操作から保守まで」の「2.1 製品のご確認」の「表 2-1:標準構成」を確認ください。 同梱されているフェライトコアは必要に応じて使用してください。(すべてを使う必要はありません。) 取付方法については以下の箇所を参照ください。 <非常停止配線用> 取扱説明書「... 詳細表示

    • FAQ番号:12027
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • SQシリーズに接続可能なシーケンサの形名

    シーケンサCPUはユニバーサルモデル(マルチCPU間高速通信可CPU)が必要です。 Q03UD(E)CPU Q04UD(E)HCPU Q06UD(E)HCPU Q10UD(E)HCPU Q13UD(E)HCPU Q20UD(E)HCPU Q26UD(E)HCPU Q100UD(E)HCPU ベースは、マルチCP... 詳細表示

    • FAQ番号:12028
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 下向きの押込み力

    下向きの押し込み力の最大値は、おおよそ「ハンド質量+ワーク質量+ロボットの可搬質量」を目安にしてください。 詳細表示

    • FAQ番号:12044
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ドライブユニットとQ172DRCPU間の付属ケーブル長(SQシリーズ)

    標準仕様では、10mです。オプションとして、ケーブル長さを5m、20m、30mに変更することも可能です。 ・2Q-TUCBL   10M(ロボット専用TUケーブル) ・2Q-DISPCBL   10M(ロボット専用DISPケーブル) ・2Q-EMICBL   10M(ロボット専用E... 詳細表示

    • FAQ番号:12068
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 機器間ケーブルのコネクタ外形寸法とケーブル太さ

    例えば、【RV-6SD/6SQシリーズ】、【RV-12SD/12SQシリーズ】、【RH-12SDH/12SQHシリーズ】、【RH-18SDH/18SQHシリーズ】は、 パワーケーブルは約φ24mm、信号ケーブルは約φ16mmです。(下図) ※他機種の値や詳細は、お問合せください。 図1 詳細表示

    • FAQ番号:12048
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • バッテリホルダの取付・外形寸法(SQシリーズ)

    バッテリホルダの外形寸法は下記です。 バッテリホルダの取付方法は、CR1QA/CR2QA/CR3Qコントローラ 取扱説明書 「コントローラセットアップと基本操作から保守まで 2.3 取付と接続 (4) バッテリホルダユニットの取付け上の注意事項」に記載しております。 ※バッテリホルダユニットは下向きに取り付け... 詳細表示

    • FAQ番号:12063
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ティーチングボックスでのJOG運転操作時の最大速度

    ロボット先端速度(メカニカルインターフェイスおよびツール制御点)は、250mm/sec以下です。 (250mm/sec以上の速度変更はできません。) 詳細表示

    • FAQ番号:12078
    • 公開日時:2012/03/14 19:52

96件中 51 - 60 件を表示