• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 垂直多関節ロボット 』 内のFAQ

96件中 71 - 80 件を表示

前へ 8 / 10ページ 次へ
  • バッテリアラームの違い(C7520、C133n)

    バッテリアラームは以下のものがあります。 【C7520】 コントローラ内で積算している電源OFF時間が規定値を超えると発生します。 近いうちにバッテリ切れとなることが予想されますので、できるだけ早くバッテリを交換し、積算時間リセットを行ってください。 バッテリ交換はメカ本体とコントローラを同時に行なってください。... 詳細表示

    • FAQ番号:12030
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 安全柵を開けた状態での教示作業

    ドアスイッチ入力信号を使用すれば、安全柵を開けた状態でも、ティーチングボックスによる操作のみ可能となります。 ※ドアスイッチ入力とは、安全柵の扉などに設置されたスイッチの状態を取り込み、その扉が開けられたときにサーボOFFしロボットを停止させる機能です。 ※各機種の標準仕様書 「6.1.7 安全対策例 配線例3... 詳細表示

    • FAQ番号:12094
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • USBドライバの検出(SQ/SDシリーズ)

    RT ToolBox2のフォルダ内のドライバを再インストールしてください。 【Windows XP(Professional)の場合】 (1)新しいハードウェアの検出ウィザードの画面(図1)で、“一覧または特定の場所からインストールする(詳細)” を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。 (2)図2の画面が... 詳細表示

    • FAQ番号:12073
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • RT ToolBox2にて、ロボットデータを保存する方法

    RT ToolBox2を使用し、ロボットコントローラ内の情報をパソコンにバックアップできます。 (1)RT ToolBox2のプロジェクトツリーから、対象となるプロジェクトの[バックアップ]を開きます。 (2)プロジェクトツリーに、「一括」、「プログラム情報」、「パラメータ情報」、「システムプログラム」が表示さ... 詳細表示

    • FAQ番号:12080
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • バッテリ交換後のエラー(L2601,L2604,L2603)

    全軸の「エンコーダ絶対位置消失アラーム」が発生している場合は、バッテリがなくなっていると思われますので、バッテリ交換する必要があります。 バッテリの入手に関しましては、お取引のある代理店か、三菱電機システムサービスにご相談ください。 コントローラのバッテリ交換方法は、 取扱説明書 「コントローラセットアップと基... 詳細表示

    • FAQ番号:12089
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • コントローラとパソコン間のUSB通信(SQ/SDシリーズ)

    (1)支援ソフトウェアは、RT ToolBox2をご使用ください。 (2)USBケーブルが正しく接続されていることを確認してください。 SQシリーズの場合は、シーケンサCPUのUSBコネクタに取り付けてください。 (3)USBドライブ(CRnD-700シリーズ ロボットコントローラ)のインストールが完了しているこ... 詳細表示

    • FAQ番号:12072
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • サンプルプログラムのダウンロード

    ダウンロード(メンバーズページ)から、サンプルプログラムデータをダウンロードできます。 サンプルプログラムは、RT ToolBox2の形式です。RT ToolBox2に読み込んでご使用ください。(読み込み方法は、ダウンロードページに記載しております。) 詳細表示

    • FAQ番号:12099
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 一次ブレーカの容量

    例えば、RV-3SD/3SQシリーズ、RV-6SD/6SQシリーズの電源容量は下記の値です。 ・RV-3SD/3SQシリーズ:1.0kVA ・RV-6SD/6SQシリーズ:2.0kVA ・RV-6SD-SM/6SQ-SMシリーズ:3.0kVA ※電源容量は通常運転をした場合の定格値です。電源容量には、電源投入... 詳細表示

    • FAQ番号:12049
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • エンコーダ初期通信エラー(H104n)

    電源を再投入してもエラーが解除できない場合は、機器間ケーブルが抜けかけている恐れがあります。 電源を落とした後、コネクタがしっかりと刺さっていることを確認してください。 詳細表示

    • FAQ番号:12085
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • R32TBの言語設定

    R32TBから言語設定ができます。 (1)制御電源をOFFします。 (2)ティーチングボックスの[F1]キーと[F3]キーを2重押しした状態で制御電源をONします。 (3)初期設定画面が表示されるので、[F1]キーを押して”1.Configuration”を選択します。 (4)[F1]または[F2]キーを押して... 詳細表示

    • FAQ番号:12076
    • 公開日時:2012/03/14 19:52

96件中 71 - 80 件を表示