ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 水平多関節ロボット 』 内のFAQ

112件中 31 - 40 件を表示

前へ 4 / 12ページ 次へ
  • 安全機能の確認方法

    状態変数「M_SfSts」にて現在有効となっている機能が確認可能です。 M〇〇=M_SfSts(△△) にて機No.△△の機能が有効であればM〇〇に"1"が、無効であれば"0"が代入されます。機能No.は、STO⇒1、SOS⇒2、SS1⇒3、SS2⇒4、SLS1⇒5、SLS2⇒6、SLS3⇒7、SLSM⇒8、S... 詳細表示

    • FAQ番号:37986
    • 公開日時:2020/09/29 16:48
  • 盤内温度(ロボットコントローラ内)の推奨温度

    盤内温度75℃以下でご使用ください。 ロボットコントローラの底面にある外気取込口等を塞いで使用すると、盤内温度が上昇して故障の原因になりますので、据付要領を十分確認の上、設置してください。 また、フィルタの目詰まり等も温度上昇の原因になりますので、ご注意ください。 詳細表示

    • FAQ番号:12059
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 一次ブレーカの容量

    例えば、RV-3SD/3SQシリーズ、RV-6SD/6SQシリーズの電源容量は下記の値です。 ・RV-3SD/3SQシリーズ:1.0kVA ・RV-6SD/6SQシリーズ:2.0kVA ・RV-6SD-SM/6SQ-SMシリーズ:3.0kVA ※電源容量は通常運転をした場合の定格値です。電源容量には、電源投入... 詳細表示

    • FAQ番号:12049
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • バッテリアラームの違い(C7520、C133n)

    バッテリアラームは以下のものがあります。 【C7520】 コントローラ内で積算している電源OFF時間が規定値を超えると発生します。 近いうちにバッテリ切れとなることが予想されますので、できるだけ早くバッテリを交換し、積算時間リセットを行ってください。 バッテリ交換はメカ本体とコントローラを同時に行なってください。... 詳細表示

    • FAQ番号:12030
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • プログラム運転モードでサイクル停止しない

    (1)パラメータ「SLT*」の「プログラム名」が間違っていないか、「運転モード」が ”CYC” になっているか確認してください。 (2)コンティニュー機能が有効な場合、スロット表「SLT*」パラメータを変更しても、スロット表へ反映されません。 一旦コンティニュー機能を無効にした後、電源をOFF、ONしてスロット表... 詳細表示

    • FAQ番号:12015
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ティーチングボックスでのサーボON

    (1)エラーが発生していないか確認してください。 (2)停止信号が入っていないか確認してください。 (3)サーボOFF信号が入っていないか確認してください。 (4)ティーチングボックスがイネーブル状態になっているか確認してください。 (5)EMGINコネクタのイネーブリングデバイス入力が配線され、信号がONである... 詳細表示

    • FAQ番号:12077
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • USBドライバの検出(SQ/SDシリーズ)

    RT ToolBox2のフォルダ内のドライバを再インストールしてください。 【Windows XP(Professional)の場合】 (1)新しいハードウェアの検出ウィザードの画面(図1)で、“一覧または特定の場所からインストールする(詳細)” を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。 (2)図2の画面が... 詳細表示

    • FAQ番号:12073
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • コントローラに添付されている漏電ブレーカの形名容量

    三菱電機製NV30FAU-2P-10A、10A品です。 詳細表示

    • FAQ番号:12025
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 退避点復帰時の位置

    パラメータ「ESCMODE」の設定により異なります。設定「0」にてツール補正された制御点(TCP)が退避点位置となる様に退避点復帰をおこないます。設定「1」にてメカニカルインターフェース原点が退避点位置となる様に退避点復帰をおこないます。 詳細表示

    • FAQ番号:37998
    • 公開日時:2020/09/30 10:02
  • ドライブユニットとQ172DRCPU間の付属ケーブル長(SQシリーズ)

    標準仕様では、10mです。オプションとして、ケーブル長さを5m、20m、30mに変更することも可能です。 ・2Q-TUCBL   10M(ロボット専用TUケーブル) ・2Q-DISPCBL   10M(ロボット専用DISPケーブル) ・2Q-EMICBL   10M(ロボット専用E... 詳細表示

    • FAQ番号:12068
    • 公開日時:2012/03/14 19:52

112件中 31 - 40 件を表示