• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 天吊りロボット 』 内のFAQ

96件中 11 - 20 件を表示

前へ 2 / 10ページ 次へ
  • Q172DRCPUの共有メモリ割付け方法(SQシリーズ)

    ロボットのビットデバイスは、10000 − 18191に設定されています。No.1 − No.3のどのスロットに取り付けても設定値は変わりません。 ただし、Q172DRCPUの取り付けスロットに対して、シーケンサのワードデバイスが異なります。 (下記”¥”は、半角です) 【No.1の場合】 出力:U3E0¥G1... 詳細表示

    • FAQ番号:12075
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • RT ToolBox2にて、ロボットデータを保存する方法

    RT ToolBox2を使用し、ロボットコントローラ内の情報をパソコンにバックアップできます。 (1)RT ToolBox2のプロジェクトツリーから、対象となるプロジェクトの[バックアップ]を開きます。 (2)プロジェクトツリーに、「一括」、「プログラム情報」、「パラメータ情報」、「システムプログラム」が表示さ... 詳細表示

    • FAQ番号:12080
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 非常停止と停止専用入力の違い

    非常停止は、サーボ電源をハード的に遮断します。非常停止入力後のロボット先端の軌跡と停止位置は特定できません。ロボットの速度、ツールの負荷状況によってはオーバーランすることがあります。 ※注意:緊急停止以外は、非常停止を使ってロボットを停止させないでください。毎回非常停止を使ってロボットの停止を続けますと、モータ... 詳細表示

    • FAQ番号:12056
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ロボットのイナーシャ

    例えば、RV-3SD/3SQシリーズ、RV-6SD/6SQシリーズの許容イナーシャは下記の値です。 【RV-3SD/3SQシリーズ】 J4:0.137kg・m2 J5:0.137kg・m2 J6:0.047kg・m2 【RV-6SD/6SQシリーズ】 J4:0.29kg・m2 J5:0.29kg・m2 J6:... 詳細表示

    • FAQ番号:12043
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 『特別教育が必要な作業者』が該当する作業内容

    労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)の第36条に規定があります。 産業用ロボットの場合は、教示作業、検査(メンテナンス)作業を行う場合が該当します。 弊社のロボットセミナーは、「労働安全衛生規則第36条第31号の安全衛生特別教育規定(教示等の業務)」に基づいて実施しております。 詳細表示

    • FAQ番号:12042
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • MELFA-BASIC IVとMELFA-BASIC V

    MELFA-BASIC Vは行番号がないので、GOTOなどで行番号を指定しているときは、ラベルへの変更が必要となりますが、それ以外はそのまま使用できます。 MELFA-BASIC Vで命令が拡張されていますが、それを使う必要がないなら、言語切り替えでMELFA-BASIC IVをそのまま使用することもできます。 詳細表示

    • FAQ番号:12097
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • バッテリ交換後の位置ズレ

    原点データが消失している可能性がありますので、ABS原点設定にて、原点の再設定を行ってください。 ABS原点設定に関しましては、各機種の取扱説明書 「ロボット本体セットアップから保守まで 5.5.2 ABS原点の再設定方式」に記載しております。 ※ABSマークの位置合わせは2 − 3度以内を目安としてください。... 詳細表示

    • FAQ番号:12054
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ロボット据付面にかかる反力

    例えば、RV-3SD/3SQシリーズ、RV-6SD/6SQシリーズは下記の値です。 【RV-3SD/3SQシリーズ】 倒れモーメント : ML 410N・m ねじりモーメント : MT 400N・m 水平方向並進力 : FH 1000N 垂直方向並進力 : FV 1200N 【RV-6SD/6SQシリーズ】 ... 詳細表示

    • FAQ番号:12045
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ロボットコントローラのオーバーライドとプログラム内の速度設定の関係

    速さの計算は以下のようになります。 (1)直接補間の場合:R/Cオーバーライド×OVRD命令×SPD命令 (2)関節補間の場合:R/Cオーバーライド×OVRD命令×JOVRD命令 詳細表示

    • FAQ番号:12018
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • SQシリーズ電源投入時のエラー(サーボアンプ初期化通信異常 H109n)

    SQシリーズではドライブユニットとシーケンサにおいて、立ち上げる順番が決まっています。ドライブユニットの電源を先に入れるか、同時に電源を入れてください。 ロボットCPUは初期起動時にドライブユニットの状態ををチェックしています。このときにドライブユニットが立ち上がっていないとエラーが発生します。 本注意事項に... 詳細表示

    • FAQ番号:12086
    • 公開日時:2012/03/14 19:52

96件中 11 - 20 件を表示