• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 天吊りロボット 』 内のFAQ

96件中 41 - 50 件を表示

前へ 5 / 10ページ 次へ
  • 下向きの押込み力

    下向きの押し込み力の最大値は、おおよそ「ハンド質量+ワーク質量+ロボットの可搬質量」を目安にしてください。

    • FAQ番号:12044
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 専用出力信号二重定義エラー(L6650)

    RT ToolBox2の「モニタ」−「名前付き信号」を開き、重複している番号がないかご確認ください。 また、CC-Linkを使用する場合、数値入力はIODATAではなく、DIODATAを使用する必要がありますが、このとき、IODATAに入力ビットの設定があると、エラー6650(専用出力信号二重定義)が発生します。...

    • FAQ番号:12032
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • MELFA-Worksで対応しているSolidWorksのバージョンが知りたい

    SolidWorks2010~2014で動作することを確認しています。なお、MELFA-Worksの対応OSは、Windows7までですので、Windows7以下でご使用ください。

    • FAQ番号:18023
    • 公開日時:2014/04/23 08:59
  • 盤内温度異常エラー(C0102, L0101, H0100)

    盤内温度異常のエラーは、下記の温度で発生します。 SDシリーズ 【CR1D、CR2D】 C0102エラー⇒75℃、L0101エラー⇒80℃、H0100エラー⇒85℃ 【CR3D】 C0102エラー⇒74℃、L0101エラー⇒76℃、H0100エラー⇒78℃ SQシリーズ 【CR1Q、CR2Q、CR3Q】 C0...

    • FAQ番号:12092
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • RT ToolBox2のシミュレーションを実機で動かすと動作範囲外エラー

    (1)ツール設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 (2)ベース設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 (3)各軸の動作範囲が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。

    • FAQ番号:12082
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • シーケンサ ベースユニットの選択(SQシリーズ)

    マルチCPU間高速基本ベースユニット(Q38DB、Q312DB)をご使用ください。 ※シーケンサCPU⇔ロボットCPU間はマルチCPU間高速通信機能を使用しているため高速タイプが必要です。

    • FAQ番号:12065
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 外部信号での操作方法

    操作権入力信号(IOENA)がONしている時に、ロボットを外部信号で操作できます。 モードスイッチがAUTOMATICに設定された状態でかつ、操作権入力信号がONしている時に外部信号による操作権が与えられます。 詳細は取扱説明書 「機能と操作の詳細解説 6.3 専用入出力 6.4 信号の有効無効 6.5 外部信...

    • FAQ番号:12055
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • RT ToolBox2の動作シュミレーションでの変数の見方

    変数をモニタしたいプログラムをデバッグ状態で開き、「オンライン」−「モニタ」−「動作モニタ」−「プログラムモニタ」−「編集スロット」を開きます。 プログラムモニタ画面が開いたら、下部の「追加」または「選択」ボタンでモニタしたい変数を入力してください。

    • FAQ番号:12038
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ティーチングボックスでのサーボON

    (1)エラーが発生していないか確認してください。 (2)停止信号が入っていないか確認してください。 (3)サーボOFF信号が入っていないか確認してください。 (4)ティーチングボックスがイネーブル状態になっているか確認してください。 (5)EMGINコネクタのイネーブリングデバイス入力が配線され、信号がONである...

    • FAQ番号:12077
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • プログラムがスタートしない

    (1)停止信号が入っていないか確認してください。 (2)外部からの起動であれば、操作権(IOENA)が有効になっていることを確認してください。 (3)外部からの起動であれば、操作パネルの操作権が自動モードになっていることを確認してください。 (4)プログラムが選択されているか確認してください。

    • FAQ番号:12071
    • 公開日時:2012/03/14 19:52

96件中 41 - 50 件を表示