• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 天吊りロボット 』 内のFAQ

96件中 51 - 60 件を表示

前へ 6 / 10ページ 次へ
  • 複数台のロボット(R/C)をRT ToolBox2で同時モニタする方法

    ワークスペースに複数のロボット(R/C)を追加すれば同時にモニタできます。(同時モニタは32台以下です。) その場合、R/CはLANに接続してください。USB接続ではR/C1台にしか接続できません。 図1

    • FAQ番号:12081
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • シーケンサCPUとロボットCPUの取付方法(SQシリーズ)

    空けて取り付けることは可能です。ただしその場合は、シーケンサのPCパラメータのI/O割付設定で対象スロットを「空き」に設定してください。 ※ロボットの共有メモリの割付は取り付けるスロットにより変化しますので注意してください。

    • FAQ番号:12067
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • バッテリフォルダの付属について(SQシリーズ)

    標準でCPUユニットにケーブルで接続された状態で付属されています。 なお、バッテリケーブルは外さないようにしてください。

    • FAQ番号:12064
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 専用入出力信号パラメータ 工場出荷時のCC-Link設定

    対応していませんので、使用する専用入出力パラメータ全てについて、お客様にて変えていただく必要があります。ロボットのCC-Linkの信号番号は、6000番 − 8047番です。 詳細は、「SDシリーズ CC-Link インタフェース取扱説明書 7.2.2 専用入出力パラメータ設定(付属サンプルラダープログラム割付...

    • FAQ番号:12061
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 直交JOGで、まっすぐに動かない

    ロボットの原点がずれている可能性があります。ロボットの各軸のABSマークを合わせた後、ロボットの関節位置がおおよそ次の位置である事を確認してください。 ・RV-2SDの場合:J1からJ6=(0,0,90,0,0,0) ・RV-3SDの場合:J1からJ6=(0,0,90,0,0,0) ・RV-6SDの場合:J1か...

    • FAQ番号:12051
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 下向きの押込み力

    下向きの押し込み力の最大値は、おおよそ「ハンド質量+ワーク質量+ロボットの可搬質量」を目安にしてください。

    • FAQ番号:12044
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • RT ToolBoxのWindows7への対応

    (1)RT ToolBoxはXPまでの対応となっています。Windows7には対応していません。また、RT ToolBoxは生産を終了していますので、今後バージョンアップ等の予定はありません。 (2)現在RT ToolBox2というソフトウェアをご用意しています。こちらはver.1.7からWindows7(32ビ...

    • FAQ番号:12039
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 9000番台のエラー内容と対処法

    9000番台のエラーは、ユーザ定義のエラーです。 お客様のプログラム内で設定されていますので、プログラムの処理をご確認ください。

    • FAQ番号:12037
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • プログラムがリセットできない

    (1)停止信号(STOP)が入っていないか確認してください。 (2)ロボットプログラムが実行中でないか確認してください。

    • FAQ番号:12013
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ティーチングボックスから電動ハンドが動作しない

    電動ハンドは、電動ハンドの原点復帰が完了していないと動作しません。ティーチングボックスのハンド操作画面で「原点復帰」が完了しているか確認して下さい。 原点復帰が未完了の場合は、下記の操作手順で原点復帰の操作を行って下さい。 「ティーチングボックスのハンド操作画面で、「原点復帰スイッチ」を原点復帰動作が完了するまで...

    • FAQ番号:18025
    • 公開日時:2018/10/10 07:53

96件中 51 - 60 件を表示