• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 マイクロ作業用ロボット 』 内のFAQ

72件中 31 - 40 件を表示

前へ 4 / 8ページ 次へ
  • RT ToolBox2にて、ロボットデータを保存する方法

    RT ToolBox2を使用し、ロボットコントローラ内の情報をパソコンにバックアップできます。 (1)RT ToolBox2のプロジェクトツリーから、対象となるプロジェクトの[バックアップ]を開きます。 (2)プロジェクトツリーに、「一括」、「プログラム情報」、「パラメータ情報」、「システムプログラム」が表示さ...

    • FAQ番号:12080
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 専用出力信号二重定義エラー(L6650)

    RT ToolBox2の「モニタ」−「名前付き信号」を開き、重複している番号がないかご確認ください。 また、CC-Linkを使用する場合、数値入力はIODATAではなく、DIODATAを使用する必要がありますが、このとき、IODATAに入力ビットの設定があると、エラー6650(専用出力信号二重定義)が発生します。...

    • FAQ番号:12032
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ティーチングボックスでJOG運転をする場合の移動量変更方法

    関節JOG速度はパラメータ「JOGJSP」で、直交JOG速度はパラメータ「JOGPSP」で変更できます。 定寸送りHigh、定寸送りLow、最大オーバーライドが設定できます。

    • FAQ番号:12019
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ティーチングボックスがサーボONしない

    (1)EMGINコネクタのドアスイッチ配線が二重化されているか確認してください。 SD/SQシリーズの場合、「8A-9A間」と「8B-9B間」にそれぞれ接続してください。 (2)コントローラ内部では非常停止回路が冗長化(2重化) されていますので、非常停止スイッチは2接点タイプのスイッチをご使用ください。 ・外...

    • FAQ番号:12096
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 機器間ケーブルのコネクタ外形寸法とケーブル太さ

    例えば、【RV-6SD/6SQシリーズ】、【RV-12SD/12SQシリーズ】、【RH-12SDH/12SQHシリーズ】、【RH-18SDH/18SQHシリーズ】は、 パワーケーブルは約φ24mm、信号ケーブルは約φ16mmです。(下図) ※他機種の値や詳細は、お問合せください。 図1

    • FAQ番号:12048
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 3Dモニタのロボット姿勢と実機の姿勢

    (1)実機の原点設定値が正しいか確認してください。 (2)ツール設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 (3)ベース設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。

    • FAQ番号:12083
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 外部信号での操作方法

    操作権入力信号(IOENA)がONしている時に、ロボットを外部信号で操作できます。 モードスイッチがAUTOMATICに設定された状態でかつ、操作権入力信号がONしている時に外部信号による操作権が与えられます。 詳細は取扱説明書 「機能と操作の詳細解説 6.3 専用入出力 6.4 信号の有効無効 6.5 外部信...

    • FAQ番号:12055
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 自動運転ができない

    (1)停止信号(STOP)が入っていないか確認してください。 (2)外部からの起動であれば、操作権(IOENA)が有効になっていることを確認してください。 (3)外部からの起動であれば、操作パネルの操作権が自動モードになっていることを確認してください。 (4)プログラムが選択されているか確認してください。

    • FAQ番号:12012
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • RT ToolBox2のシミュレーションを実機で動かすと動作範囲外エラー

    (1)ツール設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 (2)ベース設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 (3)各軸の動作範囲が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。

    • FAQ番号:12082
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 複数台のロボット(R/C)をRT ToolBox2で同時モニタする方法

    ワークスペースに複数のロボット(R/C)を追加すれば同時にモニタできます。(同時モニタは32台以下です。) その場合、R/CはLANに接続してください。USB接続ではR/C1台にしか接続できません。 図1

    • FAQ番号:12081
    • 公開日時:2012/03/14 19:52

72件中 31 - 40 件を表示