• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 マイクロ作業用ロボット 』 内のFAQ

72件中 31 - 40 件を表示

前へ 4 / 8ページ 次へ
  • 直交JOG操作で座標値の頭に(!)が出る

    特異点近傍姿勢になると警告の意味で、(!)が出ます。 特異点近傍姿勢とは、RVタイプはJ5軸がまっすぐ伸びた姿勢、RHタイプは第1アームと第2アームが一直線に伸びた姿勢です。 詳細表示

    • FAQ番号:12017
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 9000番台のエラー内容と対処法

    9000番台のエラーは、ユーザ定義のエラーです。 お客様のプログラム内で設定されていますので、プログラムの処理をご確認ください。 詳細表示

    • FAQ番号:12037
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ハンド制御 ダブルとシングルの両方を使う方法

    工場出荷時の設定は、ダブルソレノイドタイプのハンドをご使用されることを想定した設定になっています。 シングルソレノイドタイプをご使用になる場合や、汎用信号を使って制御される場合については、 パラメータ:[HANDTYPE]を変更することにより可能です。 (1)設定方法(ダブルソレノイドの場合)   信号番号の前... 詳細表示

    • FAQ番号:12074
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ティーチングボックスでのJOG運転操作時の最大速度

    ロボット先端速度(メカニカルインターフェイスおよびツール制御点)は、250mm/sec以下です。 (250mm/sec以上の速度変更はできません。) 詳細表示

    • FAQ番号:12078
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • RT ToolBox2のシミュレーションを実機で動かすと動作範囲外エラー

    (1)ツール設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 (2)ベース設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 (3)各軸の動作範囲が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 詳細表示

    • FAQ番号:12082
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 3Dモニタのロボット姿勢と実機の姿勢

    (1)実機の原点設定値が正しいか確認してください。 (2)ツール設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 (3)ベース設定値が、シミュレーションと実機で一致しているか確認してください。 詳細表示

    • FAQ番号:12083
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 過電流エラー(931)

    一次側電源電圧が定格より低い場合に発生することがあります。一次側電源電圧を測定し、定格値を確保してください。 また、定格負荷内でもあっても、ロボットの動作速度および動作姿勢によって、過負荷や過電流アラームが発生する場合があります。その際は、加減速設定時間や動作速度、動作姿勢を変更してください。 詳細表示

    • FAQ番号:12093
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ティーチングボックスからJOG操作ができない

    原点データの設定がされていないか、バッテリ電圧低下により原点データが消滅しています。原点データ設定またはバッテリアラームが出ている場合は、バッテリ交換後原点設定を行ってください。 詳細表示

    • FAQ番号:12016
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • コントローラに添付されている漏電ブレーカの形名容量

    三菱電機製NV30FAU-2P-10A、10A品です。 詳細表示

    • FAQ番号:12025
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 直交JOGで、まっすぐに動かない

    ロボットの原点がずれている可能性があります。ロボットの各軸のABSマークを合わせた後、ロボットの関節位置がおおよそ次の位置である事を確認してください。 ・RV-2SDの場合:J1からJ6=(0,0,90,0,0,0) ・RV-3SDの場合:J1からJ6=(0,0,90,0,0,0) ・RV-6SDの場合:J1か... 詳細表示

    • FAQ番号:12051
    • 公開日時:2012/03/14 19:52

72件中 31 - 40 件を表示