ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 マイクロ作業用ロボット 』 内のFAQ

72件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 8ページ 次へ
  • コントローラに添付されている漏電遮断器と電源端子台の端子サイズ

    漏電遮断器の端子サイズはM5、本体の電源端子台のサイズはM4です。 詳細表示

    • FAQ番号:12026
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ロボットコントローラを縦置きしたい

    縦置きできるコントローラは以下の型式に限られています。 CR2QA-711/CR2DA-711 (RV-6SQ/6SDシリーズ) CR2QA-741/CR2DA-741 (RH-12SQH/12SDHシリーズ) CR2QA-751/CR2DA-751 (RH-20SQH/20SDHシリーズ) また、縦置き... 詳細表示

    • FAQ番号:12034
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ロボット本体ベース部の「AIR PURGE」継手

    オイルミスト環境で使用する場合、機内加圧用にφ8の継手がありますので、ドライエアを供給し加圧することで保護性能を向上させることができます。 詳細は、各機種の標準仕様書 「2.2.5 保護仕様と使用環境」を参照してください。 詳細表示

    • FAQ番号:12046
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 複数台のロボット(R/C)をRT ToolBox2で同時モニタする方法

    ワークスペースに複数のロボット(R/C)を追加すれば同時にモニタできます。(同時モニタは32台以下です。) その場合、R/CはLANに接続してください。USB接続ではR/C1台にしか接続できません。 図1 詳細表示

    • FAQ番号:12081
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ドアスイッチ開放信号ライン異常エラー(H0039)

    (1)EMGINコネクタのドアスイッチ配線が二重化されているか確認してください。 SD/SQシリーズの場合、「8A-9A間」と「8B-9B間」にそれぞれ接続してください。 (2)コントローラ内部では非常停止回路が冗長化(2重化) されていますので、非常停止スイッチは2接点タイプのスイッチをご使用ください。 ・外... 詳細表示

    • FAQ番号:12084
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • JOG速度の最大値を小さくしたい

    パラメータ「JOGSPMX」で変更可能です。”MANUAL”モード時のロボット動作速度を制限します。単位:mm/s。 250より大きな値を設定しても、最大値は250に制限されます 詳細表示

    • FAQ番号:18028
    • 公開日時:2014/04/15 12:58
  • プログラムがリセットできない

    (1)停止信号(STOP)が入っていないか確認してください。 (2)ロボットプログラムが実行中でないか確認してください。 詳細表示

    • FAQ番号:12013
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 電源をオフする前のハンドの状態を保持する方法

    プログラムパラメータのコンティニュー機能(CTN)を有効にする事で可能となります。 (出荷時設定は無効:0 → 有効:1に変更) 詳細表示

    • FAQ番号:12022
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 専用入力信号二重定義エラー(L6641)

    エラー6641は専用入力信号が二重定義されているエラーです。 IODATAの他にDIODATAも設定しているとこのエラーが発生します。どちらか一方をご使用ください。 詳細表示

    • FAQ番号:12033
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • MELFA-Worksに対応している機種

    MELFA-Worksに対応している機種は以下です。 ・RV-Sシリーズ RV-3S/RV-3SJ/RV-6S/RV-6SL/ RV-12S/RV-12SL/RV-18S ・RH-SHシリーズ RH-6SH/RH-12SH/RH-18SH ・RV-SDシリーズ RV-2SD/RV-3SD/RV-3SD... 詳細表示

    • FAQ番号:12041
    • 公開日時:2012/03/14 19:52

72件中 1 - 10 件を表示