• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 パレタイズロボット 』 内のFAQ

71件中 51 - 60 件を表示

前へ 6 / 8ページ 次へ
  • JOGボタンを押してもロボットが動かない

    (1)エラーが発生していないか確認してください。 (2)停止信号が入っていないか確認してください。 (3)ティーチングボックスがイネーブル状態になっているか確認してください。 (4)ドアスイッチ信号が入っていないか確認してください。 (5)イネーブリングデバイス入力信号が入っていないか確認してください。 (6)外...

    • FAQ番号:12052
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 下向きの押込み力

    下向きの押し込み力の最大値は、おおよそ「ハンド質量+ワーク質量+ロボットの可搬質量」を目安にしてください。

    • FAQ番号:12044
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • MELFA-Worksに対応している機種

    MELFA-Worksに対応している機種は以下です。 ・RV-Sシリーズ RV-3S/RV-3SJ/RV-6S/RV-6SL/ RV-12S/RV-12SL/RV-18S ・RH-SHシリーズ RH-6SH/RH-12SH/RH-18SH ・RV-SDシリーズ RV-2SD/RV-3SD/RV-3SD...

    • FAQ番号:12041
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 9000番台のエラー内容と対処法

    9000番台のエラーは、ユーザ定義のエラーです。 お客様のプログラム内で設定されていますので、プログラムの処理をご確認ください。

    • FAQ番号:12037
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • ロボットコントローラを縦置きしたい

    縦置きできるコントローラは以下の型式に限られています。 CR2QA-711/CR2DA-711 (RV-6SQ/6SDシリーズ) CR2QA-741/CR2DA-741 (RH-12SQH/12SDHシリーズ) CR2QA-751/CR2DA-751 (RH-20SQH/20SDHシリーズ) また、縦置き...

    • FAQ番号:12034
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 専用入力信号二重定義エラー(L6641)

    エラー6641は専用入力信号が二重定義されているエラーです。 IODATAの他にDIODATAも設定しているとこのエラーが発生します。どちらか一方をご使用ください。

    • FAQ番号:12033
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • DEF ACT文にて、GOTO以降で同じ割り込みを有効にする方法

    GOTOで飛んだ先の最後で、もう一度DEF ACT文を宣言し(優先順位は処理中より高いか同等のもの)、ACTを有効にしてください(ACT n=1)。

    • FAQ番号:12029
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • 目的位置に到達する前にハンドが閉じる

    方法1:「Mov P1」の後に「Dly 0.5」のようにタイマ命令を記述し、動作完了まで待機してください。タイマ時間は動作状況を見ながら調整してください。 方法2:Fine命令をお使いください。Fineはロボットの位置決め完了条件をパルス数または距離で指定します。 (プログラム例) Fine 0.5,P ’...

    • FAQ番号:12021
    • 公開日時:2012/03/14 19:52
  • JOG速度の最大値を小さくしたい

    パラメータ「JOGSPMX」で変更可能です。”MANUAL”モード時のロボット動作速度を制限します。単位:mm/s。 250より大きな値を設定しても、最大値は250に制限されます

    • FAQ番号:18028
    • 公開日時:2014/04/15 12:58
  • エラー発生時に鳴るブザー音を消す方法

    ロボットコントローラ本体から出るブザー音を消すパラメータは「BZR」です。 初期値「1:ON」になっていますので、「0:OFF」に変更してください。

    • FAQ番号:12035
    • 公開日時:2012/03/14 19:52

71件中 51 - 60 件を表示