• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 エネルギー計測ユニット 』 内のFAQ

52件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 6ページ 次へ
  • B/NET伝送の配線について

    分岐配線可能です。 ただし、ループ配線は行わないでください。 また、配線や使用電線の詳細は三菱B/NET設計工事マニュアル(伝送編)(資料番号:IB63308)を参照ください。 FAサイト FAトップのダウンロードページからダウンロードできます。

    • FAQ番号:18384
    • 公開日時:2014/12/11 21:35
    • 更新日時:2017/09/19 11:51
  • B/NET伝送の使用可能ケーブルについて

    CPEV-S φ1.2 (1P以上)のものをご使用ください。

    • FAQ番号:18459
    • 公開日時:2015/03/10 11:10
  • B/NET伝送専用電源B-PS3AとB-6PPS1Dの選定について

    B/NET伝送ライン上に以下のB/NET機器を1台でも接続する場合はB-6PPS1Dをご使用ください。1台も接続しない場合はB-PS3Aをご使用ください。 B/NETパワーリレー:B-PRY42、B-PRY1A、B-2PRY41、B-2PRY22B/NETリモコンスイッチ:B-RS1A、B-RS2A、B-RS3...

    • FAQ番号:18461
    • 公開日時:2015/03/10 19:04
  • 電力の値がマイナスになる原因について

    電力の値がマイナスとなる原因として、次のことが考えられます。1.センサの向きが間違えている2.センサの1側及び3側が反対となっている3.P1、P2、P3の接続で、P1とP3が間違えている4.実際に回生方向に電流が流れている。

    • FAQ番号:12941
    • 公開日時:2012/02/24 21:27
  • B/NET伝送専用電源について

    アドレス拡張ユニットは、サブB/NET伝送ライン側のB/NET伝送専用電源機能を内蔵していますので、サブB/NET伝送ライン側にはB/NET伝送専用電源は必要ありません。

    • FAQ番号:18460
    • 公開日時:2015/03/10 11:10
  • B/NET伝送の伝送距離について

    B/NET伝送の伝送距離については以下の条件があります。1.最遠配線長(最も遠いB/NET端末機器間(コントローラを含む)の経路長):1000m以下2.総配線長(全配線の合計長):2000m以下この条件を超える場合は、中間にアドレス拡張ユニットを入れ、サブB/NET伝送ラインを構成することにより伝送距離を延長する...

    • FAQ番号:19095
    • 公開日時:2015/09/09 10:57
  • Iorを用いた計算値と絶縁抵抗計の計測値が異なる

    Iorから計算した抵抗値と、絶縁抵抗計で計測した絶縁抵抗値では、計測方法が異なるため相関がありません。そのため、両者を比較したり、換算して管理することはできません。 Iorおよび絶縁抵抗計の計測方法は次のようになります。 1.抵抗分漏洩電流Ior 測定回路に対し、活線状態(AC)で漏洩電流Ioと回路電圧を計...

    • FAQ番号:19830
    • 公開日時:2018/03/05 14:01
  • MODBUS®通信でのGOT2000シリーズとの接続について(EcoMon...

    EcoMonitorLightとGOT2000シリーズ(シリアルポートRS-485標準搭載機種)は、MODBUS®RTU通信を使用してダイレクトに接続できます。また、EcoMonitorLightとGOT2000シリーズとのサンプル画面(対応画面サイズ(解像度):VGA(640×480))がFAサイトより無償ダウ...

    • FAQ番号:19103
    • 公開日時:2015/09/16 17:58
  • アドレス拡張ユニットB-EXP3AとB-6PEXPAの選定について

    B/NET伝送ライン上に以下のB/NET機器を1台でも接続する場合はB-6PEXPAをご使用ください。1台も接続しない場合はB-EXP3Aをご使用ください。 B/NETパワーリレー:B-PRY42、B-PRY1A、B-2PRY41、B-2PRY22B/NETリモコンスイッチ:B-RS1A、B-RS2A、B-RS...

    • FAQ番号:18462
    • 公開日時:2015/03/10 19:04
  • 電流センサの短絡スイッチについて

    短絡スイッチがある400A/600Aの電流センサを設置する際は、短絡の状態で設置頂き、計測を開始するときにスイッチを開放へスライドさせてください。 開放していない場合、計測されません。 また、5A/50A/100A/250Aの場合は短絡スイッチがありませんので、そのままご使用頂いて問題ありません。

    • FAQ番号:12943
    • 公開日時:2012/02/24 21:27

52件中 1 - 10 件を表示