『 SoftGOT1000 』 内のFAQ

164件中 31 - 40 件を表示

前へ 4 / 17ページ 次へ
  • ロギング機能の保存ファイル数について

    ロギングファイル数の上限値のことです。ロギングファイル数が[保存ファイル数]で指定した数に 達した後は、古いロギングファイルを削除して新しいロギングファイルを作成します。 保存ファイル数は、使用するメモリカード(CFカード/SDメモリカード)、Dドライブ(内蔵SRAM)の 空き容量を考慮して設定してください...

    • FAQ番号:16721
    • 公開日時:2012/12/25 15:00
    • 更新日時:2018/08/21 16:05
  • デバイス値によるシステム言語の切り換えについて

    ◆GT Designer3 (GOT2000) Version.1.100E以降の場合、  GT Designer3 (GOT1000) Version.1.22Y以降の場合 システム言語切り換えデバイスの値により、システム言語を切り換えできます。 1. [共通の設定]-[GOT環境設定]-[言語切り換え]...

    • FAQ番号:12634
    • 公開日時:2012/03/30 18:26
    • 更新日時:2018/09/11 17:43
  • ファイルレジスタを設定したオブジェクトが表示されない現象について

    GOTは電源投入後の最初の通信で、シーケンサのパラメータを読み出し、 ファイルレジスタ容量の認識を行います。 シーケンサのパラメータでファイルレジスタの容量を見直し、 当該デバイスが存在することをGX Works2等で確認後、GOTの電源を再投入してください。

    • FAQ番号:12554
    • 公開日時:2012/03/30 18:26
    • 更新日時:2018/08/10 13:16
  • ロギングファイルが保存されるタイミングについて

    以下のタイミングでロギングファイルを保存します。 ・テンポラリファイルに保存したログデータ数が[1ファイル内ログ件数]に達した時 ・[ファイル終端トリガ]が成立した時 [1ファイル内ログ件数]、[ファイル終端トリガ]はGT Designer3で設定します。 ◆GT Designer3 (GOT2000) ...

    • FAQ番号:16719
    • 公開日時:2012/12/25 15:00
    • 更新日時:2018/08/28 15:20
  • 拡張ユーザアラーム用コメントの流れ表示について

    拡張ユーザアラーム表示を使用し、[表示方法]を[1行流れ]に設定してください。 ◆GT Designer3 (GOT1000) Version1.00A以降の場合 1. [共通の設定]-[アラーム]-[拡張ユーザアラーム監視]を作成。 2. [オブジェクト]-[拡張ユーザアラーム表示]-[アラーム設定]...

    • FAQ番号:12606
    • 公開日時:2012/03/30 18:26
    • 更新日時:2018/09/18 15:37
  • 自作のキーウィンドウへの数値入力の配置について

    ◆GT Designer3 (GOT2000) Version1.100E以降の場合 ユーザ作成キーウィンドウに数値入力を配置できますが入力操作はできません。 制約の詳細は、下記マニュアルを参照してください。 GT Designer3 (GOT2000) 画面設計マニュアル (SH-081219-V)  ...

    • FAQ番号:12564
    • 公開日時:2012/03/30 18:26
    • 更新日時:2018/09/13 18:00
  • 拡張アラームポップアップ表示でのGOTエラーの消去について

    GOTエラーはアラーム要因が解消されても、アラーム状態が復旧になりません。 以下のいずれかでアラーム状態を復旧にしてください。 1. システム情報のシステム信号1-1.b13 GOTエラーリセット信号をONする。   復旧後はOFFに戻してください。 2. GOT本体の[ユーティリティメニュー]-[自己診...

    • FAQ番号:12602
    • 公開日時:2012/03/30 18:26
    • 更新日時:2018/09/18 15:32
  • 数値入力/アスキー入力とキーウィンドウの表示位置について

    ◆GT Designer3 (GOT1000) Version1.00A以降の場合 キーウィンドウの動作設定を以下のように設定してください。 【設定箇所】 1. プロジェクト単位で設定する方法と画面単位で設定する方法があります。   全画面の動作を変更したい場合は、プロジェクト単位で設定してください。 ...

    • FAQ番号:12578
    • 公開日時:2012/03/30 18:26
    • 更新日時:2018/09/18 08:53
  • ヒストリカルトレンドグラフのカーソル表示位置データの表示方法

    ◆GT Designer3 (GOT2000) Version1.100E以降、  GT Designer3 (GOT1000) Version1.00A以降の場合 [ヒストリカルトレンドグラフ]ダイアログにて設定します。 [データ]タブの[デバイス]-[グラフ情報]から[...]を選択します。 図1...

    • FAQ番号:17039
    • 公開日時:2013/01/30 15:00
    • 更新日時:2018/08/10 15:56
  • QCPUからのGOTの正常動作確認(生存確認)について

    QCPUの特殊リレーSM413(2秒クロック)をモニタし、GOTの状態監視機能を使用することで、 GOTが正常に動作/通信しているかを判断できます。 1. GOTの状態監視機能をプロジェクト単位で、以下のように2つ設定してください。   GOTが正常に動作/通信している間、M0が1秒おきON/OFFを繰り返...

    • FAQ番号:12638
    • 公開日時:2012/03/30 18:26
    • 更新日時:2018/09/06 09:08

164件中 31 - 40 件を表示