• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 10869
  • 公開日時 : 2012/02/23 22:38
  • 印刷

モータが回転せずに過負荷アラームが発生する

サーボモータをセットして運転をしようとしているがモータが回転せずに過負荷
アラームが発生してしまいます.
どのような問題が考えられるでしょうか.
カテゴリー : 

回答

モータ単体で軸が回転すること無く 過負荷アラームが発生する場合の多くは以下の原因
によるものです.

1. モータ誤結線
2 .検出器の故障

1.の誤結線については

サーボアンプとサーボモータのU、V、Wを間違えていることによります.
このチェック方法としては,ケーブルの導通チェックが必要になります.
チェックする場合には,サーボアンプ側とサーボモータ側の結線を外した状態で
測定してください.
サーボアンプは電源遮断時はダイナミックブレーキがかかっております(MR−Jは除く)の
で U、V、W間は,数Ωの抵抗値で接続されております.
また,サーボモータはスター結線ですのでサーボアンプ同様U、V、Wが数Ωの抵抗値
で接続された状態となっております。
アンプモータ間を接続したままでは誤結線を見つけ出すことができないことに注意してください.

2.の検出器故障については

電源投入後サーボOFF状態にてサーボアンプのLEDモニタで一回転内位置にて確認ができます.
一回転内位置の表示にてモータ軸を回転させますとモータの回転に応じて検出器分解能に応じた
出力が確認できます.
この表示変化が連続的であるならば検出器は正常と判断でき,不連続な値を示すのであれば
検出器の故障が考えられます.
製品名 : 
ACサーボ
シリーズ : 
全て
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください