• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 10885
  • 公開日時 : 2012/02/23 22:38
  • 印刷

過負荷保護特性について

MR−J、J2、H全機種につきまして言えるのですが、
停止時に負荷がかかる場合、定格トルクの70%を越えないようにしてください
となっていますが、これはどうして100%ではなく70%なのですか?

また、アンプ内部ではどのデータを検出してどのようにしてアラームを検出している
のでしょうか?
カテゴリー : 

回答

1.停止時の過負荷保護が70%の理由

停止時にはU,V,W均等に電流が流れず、1相に電流が流れます。
その場合、その相のパワーモジュールの発熱保護、及び、モータの
巻線の発熱保護が必要になります。そのため、停止時のトルクは
70%で保護をかけています。

2.アンプの内部のデータ検出について

サーボアンプからモータに流れる電流を検出しています。
製品名 : 
ACサーボ
シリーズ : 
全て
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください