• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

製品について

ご質問内容

  • FAQ番号 : 11478
  • 公開日時 : 2012/02/27 15:21
  • 印刷

インバータ運転の省エネ効果

回答

インバータの省エネ運転とは、商用電源による運転との比較で表わします。 

例えば空調機で風量を制御するために、
・商用電源モータ駆動+ダンパ制御の場合:風量を少なくする時、ファンは最高風量を発生し、
 ダンパで空気を逃がす制御を行います。よって、この制御ではダンパから漏れる空気分が
 エネルギーのロスになります。
・インバータ運転の場合:ファンの回転速度を下げることによって風量を制御するため 
 ダンパ等から空気を漏らす事無く、エネルギーのロスがありません。よって、省エネとなります。

また、ファンの制御の場合、風量(回転数)を下げることによって出力(W)は回転数の
3乗に比例して下がるので、回転数が下がるほど、さらに省エネ効果を得ることができます。
製品名 : 
インバータ,マグネットモータドライブ
シリーズ : 
SC-A, FREQROL-U100, FREQROL-A024, FREQROL-A100, FREQROL-A200, FREQROL-V200, FREQROL-B, FREQROL-Z020, FREQROL-Z024, FREQROL-Z100, FREQROL-Z123, FREQROL-Z200, FREQROL-Z300, FREQROL-F400
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください