• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 12738
  • 公開日時 : 2012/02/24 21:21
  • 印刷

インバータ回路に使用する漏電遮断器の選定方法

インバータ回路に使用する漏電遮断器の選定はどのようにするのでしょうか?
カテゴリー : 

回答

基本的にはインバータの製造メーカ推奨の定格電流、定格感度電流の漏電遮断器を選定してください。
  また、漏電遮断器は“高調波・サージ対応形”のご使用を推奨致します。インバータ製造メーカ推奨の漏電遮断器の定格電流、定格感度電流の記載がない場合は、高調波の影響を考慮して下記内容で選定してください。
1. 定格電流の選定
インバータのカタログ等に記載されている電源設備容量から算出される負荷電流に対して、1.4倍以上の裕度を持った遮断器の定格電流を選定します。また電流波形(歪率、波高率、高調波成分)によっては裕度を2倍以上とする必要があります。
2. 定格感度電流
“高調波・サージ対応形”の漏電遮断器であれば、一般的な漏洩電流の算出方法で問題ありません。算出された漏洩電流値や実測の漏洩電流値に対して、10倍の余裕をとった定格感度電流としてください。
3.その他
回路の推定短絡電流≦漏電遮断器の定格遮断容量となるよう選定してください。
※漏電遮断器はインバータの一次側に設置してください。(二次側に設置した場合、電圧波形歪みの影響で内部の電子部品が焼損する可能性があり使用できません。)
製品名 : 
低圧遮断器
製品分類 : 
漏電遮断器、漏電リレー
シリーズ : 
WS-Vシリーズ, 漏電リレー
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください