• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 13061
  • 公開日時 : 2012/08/24 08:30
  • 印刷

励磁突入電流について

励磁突入電流について説明してください。
カテゴリー : 

回答

変圧器の一次側を電源に投入した場合、瞬間に非常に大きな電流が流れることがあります。この電流を励磁突入電流と呼んでいます。

励磁突入電流は鉄心の飽和による過渡現象で、その第1波波高値は定格電流波高値の10倍超から30倍超に達し、時間の経過とともに減衰します。一般に容量が小さいほど定格電流に対する倍率が高くなり、容量が大きいほど減衰までに比較的長時間を要します。
励磁突入電流は、変圧器を保護する過電流継電器(OCR)などの誤動作をまねき、変圧器を回路に投入できなくなる事態を生じますので、変圧器の励磁突入電流値を求めておき、OCRなどの変圧器上位及び、MCCBなどの変圧器下位との協調をとる必要があります。

製品名 : 
配電用変圧器
シリーズ : 
全て
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください