• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 13075
  • 公開日時 : 2012/02/24 21:33
  • 印刷

活性アルミナ変圧器について

活性アルミナ入り変圧器について説明してください
カテゴリー : 

回答

絶縁中の有機酸、その他の劣化生成物や水分を吸着し絶縁油を常に清浄な状態に保持するため、活性アルミナを内部に収納した変圧器です。
この活性アルミナは水酸化アルミニウムを原料として特殊な方法で固結成形したもので、大きさは2〜4mmの球状または偏平球であり、粒子は結晶全体に分布された無数の極微細な毛管をもった多孔性物質です。このため広大な表面積を有し強い吸着性をもっています。また化学的に安定で毒性、腐食性、溶解性がなく焼成し再活性化することにより繰り返し使用することができます。
配電用変圧器では、下図のように 耐油耐熱性繊維袋に入れ絶縁油中に装着されています。

図:アルミナ実装のイメージ

製品名 : 
配電用変圧器
シリーズ : 
全て
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください