• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14256
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:15
  • 印刷

小形CPU用出力ユニットのヒューズ断エラーの検出

A1S出力ユニットの外部供給電源がOFFしていると,“FUSE BREAK 
OFF”のエラーになります。デバック時に外部配線を接続しないで使いたいのです
が,“FUSE BREAK OFF”にしない方法はありませんか?
カテゴリー : 

回答

M9084をONすることにより,ヒューズ断チェック,入出力ユニット照合チェック
,バッテリチェックを行なわないように設定できます。
ただし,ヒューズ断チェックのみ行なわないよう設定することはできません。(下図参
照)

《注意事項》
RUN/STOPキースイッチを“RUN”位置にして,シーケンサの電源投入を行な
ってください。“STOP”位置で電源投入すると,上記プログラムを実行できないた
め,ヒューズ断エラーを検出します。
上記プログラムの一度実行すればM9084がONになりますので,RUN/STOP
キースイッチを“STOP”位置にしても,ヒューズ断エラーは検出しません。
この間,出力ユニット側のエラーLEDが点灯し続けますので注意して下さい。

図1
製品名 : 
MELSEC-AnS/QnASシリーズ
製品分類 : 
AnS, A2US, Q2AS
シリーズ : 
出力ユニット
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください