• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 14390
  • 公開日時 : 2012/03/28 21:15
  • 印刷

スキャンタイムの変化

シーケサCPUをRUNしてシーケンスプログラムのスキャンタイムをモニタしたと
ころ,モニタ表示値が10msから20msに変化します。シーケンスプログラムは
,同じプログラムを実行しているのにどうしてですか?(サブプログラムやJMP命
令は使っていません。)
カテゴリー : 

回答

《答え》
スキャンタイムは,使用している命令の実行/非実行により常時変化します。
ACPUは,スキャンタイムを10ms単位で特殊レジスタD9018に格納しますの
で,上記の場合,次のようなことが考えられます。
最初の数スキャンの実スキャンタイムが,10ms後半(例えば19ms)で処理され
ていたとします。何らかの命令を実行したことで(例えば,リンクの子局へアクセスな
ど)微妙な遅れが生じ,実スキャンタイムが20msを越えてしまい,モニタ表示値が
20msとなったと思われます。

《補足説明》
モニタ表示値が示すスキャンタイムと実際のスキャンタイム値を下記に示します。
(下表参照)

図1
製品名 : 
MELSEC-AnS/QnASシリーズ
製品分類 : 
A0J, A2C, AnN, AnA, AnU, AnS, A2US
シリーズ : 
CPU
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください