• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 17392
  • 公開日時 : 2013/05/14 20:27
  • 印刷

設定モニタツールの機能の「CPUマーカー」と「ジャンプアドレス」について

設定モニタツールで使用できる、「CPUマーカー」と「ジャンプアドレス」はどう異なりますか?
カテゴリー : 

回答

 CPUマーカーは、ロジックエディタ内で入力および出力として利用可能です。ロジックループバックの作成のためや、ロジックエディタ上のあるページ上にあるファンクションブロックの出力を別のページにあるファンクションブロックの入力へ接続するために使用できます。
 ジャンプアドレスは、基本的にCPUマーカーと同様に使用できます。ジャンプアドレスは、ジャンプ元アドレスとジャンプ先アドレスから成ります。ジャンプアドレスをループバックで使用していない場合は、遅延することなくジャンプ元アドレスとジャンプ先アドレスが同じ値となります。一方CPUマーカーは常にロジック実行時間1回分の遅延が生じます。
製品名
MELSEC-QS/WS
シリーズ
安全コントローラ
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください