• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 17458
  • 公開日時 : 2013/06/05 08:25
  • 印刷

GX Works2の対応シーケンサについて

回答

GX Works2は下記のシーケンサに対応しています。

・ベーシックモデルQCPU (GX Works2 Ver.1.09K)
・ハイパフォーマンスモデルQCPU (GX Works2 Ver.1.00A)
・プロセスCPU (GX Works2 Ver.1.95Z)
・二重化CPU (GX Works2 Ver.1.95Z)
・ユニバーサルモデルQCPU (バージョンアップで順次対応)
・ユニバーサルモデル高速タイプQCPU (GX Works2 Ver.1.95Z)
・ユニバーサルモデルプロセスQCPU (GX Works2 Ver.1.492N)
・Lシリーズ (バージョンアップで順次対応)
・FXシリーズ (バージョンアップで順次対応)

GX Works2のバージョンが上記バージョンより古い場合、三菱電機FAサイトから
最新のアップデート版(無料)をダウンロードしてご利用ください。
([ダウンロード] -> [ソフトウェア] -> [シーケンサ MELSEC])

上記でGX Works2のバージョンが記載されていない機種は、バージョンアップにて順次対応しています。
GX Works2の対応バージョンの詳細につては、下記マニュアルを参照願います。
・GX Works2 Version1 オペレーティングマニュアル (共通編)
 付.13 ユニットの対応バージョン

製品名 : 
エンジニアリングソフトウェア
シリーズ : 
ソフトウェアパッケージ(GPP機能)
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください