• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 18428
  • 公開日時 : 2014/12/26 16:30
  • 印刷

単相変圧器の「単三式 210/105V」とはどういう意味ですか

単相変圧器の「単三式 210/105V」とはどういう意味ですか。
カテゴリー : 

回答

 単三式とは正確には「単相三線式」といい、単相の電力を対地電圧105Vの相線が2本と,中性相の線1本の計3本の電線で交流電力を配電する方式です。単相では、最も一般的な配電方式となります。
 相線と中性線で105Vの電圧が取れますので,AC100V機器を使用する際に用いられます。また,相線の2本を使うと210Vが取れるため,AC200V機器にも対応できます。

単相3線式の配線例

図 単相3線式の回路図

製品名 : 
配電用変圧器
シリーズ : 
単相変圧器
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください