• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 19502
  • 公開日時 : 2017/01/16 17:07
  • 印刷

レーザ変位センサの測定モードについて

拡散反射モードと正反射モードの使い分け方を教えてください。
カテゴリー : 

回答

レーザ変位センサは、一般には、拡散反射モードで使用しますが、鏡面体(金属研磨面)、透明体(ガラス)には正反射を使用します。
拡散反射モードでは、光が全方位に反射されるため、レーザ変位センサを設置する際、出射レーザ光軸と測定したい方向を並行に合わせれば測定できます。
正反射モードでは、光が1方向に反射されるため、レーザ変位センサを設置する際、ワークの反射面を測定したい方向と垂直にを合わせ、かつレーザ変位センサを測定したい方向に対し傾けなければなりません。(傾斜角度は機種ごとに異なります。)角度精度は1度以下の必要があり、設置に注意が必要です。
正反射・拡散反射兼用の各センサヘッドは、本体の下端を合わせることで測定したいモードの設置方向を示すようになっています。
製品名 : 
FAセンサ
シリーズ : 
MELSENSOR
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください