• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 配電監視システム 』 内のFAQ

41件中 11 - 20 件を表示

前へ 2 / 5ページ 次へ
  • 電池の推奨交換時期(B-AM70CA)

    周囲の平均温度が25℃の場合、集中自動検針装置(B-AM70CA)の電池(AMC-BAT)の推奨交換時期は4年です。 また、電池はニカド電池です。使用済みのニカド電池は捨てず、リサイクルしてください。 電池の交換方法は取扱説明書を参照ください。 取扱説明書は次の場所からダウンロードできます。 FAトップ>...

  • B/NETアドレス拡張ユニットについて

    B/NET伝送用のユニットで、端末の接続台数が1系統63台を超える場合やB/NET伝送の伝送距離の延長が必要な場合に使用します。なお、アドレス拡張ユニットを使用できないコントローラもありますので、各コントローラの取扱説明書を必ず確認してください。

  • B-QIFのサンプルプログラムについて

    ①シーケンサMELSEC-Qシリーズ B/NETインタフェースユニットユーザーズマニュアル(詳細編)、および各端末のプログラミングマニュアルの末尾にサンプルプログラムの記載があります。  FAトップ>ダウンロード>マニュアルまたはFAトップ>製品情報>「機種」>設計支援ツール・データをご参照願います。 ②Ec...

  • バッテリの交換方法(B-AM100SN、B-AM300SN、B-AM500...

    バッテリの交換方法は添付ファイルを参照ください。 また、交換方法は取扱説明書(ハードウェア編)にも記載しています。 取扱説明書は次の場所からダウンロード可能です。 FAトップ>ダウンロード>マニュアル>電力管理機器>配電監視システム

  • B-QIFでのアドレス拡張ユニット使用について

    B-QIFはアドレス拡張ユニットをサポートしておりませんので使用できません。

  • ロータリースイッチの使用方法(B-QIF)

    B-QIF使用時にロータリースイッチ(STATION ADDRESS)の設定は必要ありません。ロータリースイッチ(STATION ADDRESS)はB-QIFで通信エラーが発生した際、どの局で発生したかを確認するためのものです。なお、ユニットバージョンF以降の場合は通信エラーが発生した際にCOM.Eが点灯します。...

  • 上位通信機能(B-AM70CA)

    USBメモリでデータ収集する機能ではありません。 検針データFD出力ソフトウェアを搭載したパソコンと、USBケーブルもしくはRS-232Cケーブル接続することでデータを収集することができます。 検針データFD出力ソフトウェアはFAサイト FAトップのダウンロードページ(ソフトウェア)からダウンロードできます。

  • 検針チェッカーとは

    検針カウンタと電力量計の指示値を合わせるための機器です。調整時に使用するもので運用時には使用しません。

  • 電子式水道メータについて

    電子式水道メータには5ビット仕様と8ビット仕様がありますが、8ビット仕様のものしか使用出来ませんという意味です

  • B-AM70CA再印字の方法

    再印字させる手順については次のとおりです。 (1)鍵スイッチを「自動」の位置に合わせる。 (2)メインメニュー画面から「プリンタ出力」をタッチする。 (3)「検針結果」「簡易請求書」「検満情報」「警報情報」の中から印字したいものをタッチする。 (4)印字したいものを選択し、印字内容の設定完了後、「実行」を...

41件中 11 - 20 件を表示