• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 配電監視システム 』 内のFAQ

40件中 11 - 20 件を表示

前へ 2 / 4ページ 次へ
  • B-MRU1の置き換えについて

    電力計測コントロールユニット(B-MRU1)の代替機種は電子式マルチ指示計器(ME110SSR-B)です。ただし、機能的な置き換えであり、外形寸法、計測項目など仕様が異なります。※1:上位システムに接続している場合には、中央装置(シーケンサなど)のソフトウェア改造または設定変更が必要になる場合があります。※2:中...

  • B/NETアドレス拡張ユニットについて

    B/NET伝送用のユニットで、端末の接続台数が1系統63台を超える場合やB/NET伝送の伝送距離の延長が必要な場合に使用します。なお、アドレス拡張ユニットを使用できないコントローラもありますので、各コントローラの取扱説明書を必ず確認してください。

  • 検針カウンタ(形名:B-MPX24/B-MPX24B)の停電補償について

    停電した場合、検針カウンタの動作は次のようになります。 1.B-MPX24  設定値    :停電補償用電池にて保持します。※  カウント値  :停電補償用電池にて保持します。※  カウント動作:停電補償用電池にて入力パルス信号のカウントを行います。※  ※72時間充電後の場合、停電後16時間以内を...

  • 停電時の動作について(B-AM500LN、B-AM1000LN)

    停電中は時計動作を行い、設定値および計測データを保持します。 ただし、バッテリが消耗した状態または、バッテリが接続されていない状態で3分を超える時間停電した場合、最新1時間のデータおよび時計が初期化される可能性があります。(1時間より前のデータおよび設定値は初期化されません) また、検針コントローラ起動時...

  • 電池の推奨交換時期(B-AM70CA)

    周囲の平均温度が25℃の場合、集中自動検針装置(B-AM70CA)の電池(AMC-BAT)の推奨交換時期は4年です。 また、電池はニカド電池です。使用済みのニカド電池は捨てず、リサイクルしてください。 電池の交換方法は取扱説明書を参照ください。 取扱説明書は次の場所からダウンロードできます。 FAトップ>...

  • 検針コントローラのバッテリ交換の注意点(B-AM100SN、B-AM300...

    バッテリを交換する際は必ず検針コントローラ(B-AM)の電源をOFFしてください。電源をONした状態でバッテリを交換すると、感電や誤動作・故障の原因になります。 なお、バッテリ交換は3分以内に行ってください。バッテリを外した状態で3分を超える時間が経過した場合、最新1時間のデータおよび時計が初期化される可能性が...

  • 上位通信機能(B-AM70CA)

    USBメモリでデータ収集する機能ではありません。検針データFD出力ソフトウェアを搭載したパソコンと、USBケーブルもしくはRS-232Cケーブル接続することでデータを収集することができます。検針データFD出力ソフトウェアは次の場所からダウンロードできます。 FAトップ>ダウンロード>ソフトウェア>電力管理機器>...

  • バッテリの交換方法(B-AM100SN、B-AM300SN、B-AM500...

    バッテリの交換方法は添付ファイルを参照ください。 また、交換方法は取扱説明書(ハードウェア編)にも記載しています。 取扱説明書は次の場所からダウンロード可能です。 FAトップ>ダウンロード>マニュアル>電力管理機器>配電監視システム

  • A1SJ71B62-S3の置き換えについて

    B/NETインタフェースユニット(A1SJ71B62-S3)の代替機種はB-QIFです。A1SJ71B62-S3に接続していた伝送ターミナルや伝送専用電源はそのまま流用できますが、シーケンサをMELSEC-Qシリーズへ置き換える必要があります。また、バッファメモリのアドレス、入出力信号などが異なるためラダープログ...

  • ロール紙の消耗について

    メータが何点あるかによって変わってきます。取扱説明書のP28に記載があります。メータが20点とのことですので、検針のみの場合は約56回となります。 FAトップ>ダウンロードから、資料がダウンロード出来ます。

40件中 11 - 20 件を表示