『 SoftGOT2000 』 内のFAQ

291件中 261 - 270 件を表示

前へ 27 / 30ページ 次へ
  • ロギングデータをデータストレージに保存する際の処理時間について

    ロギングデータをデータストレージ(SDメモリカード、USBメモリ)に 保存する際の処理時間は、保存するログデータの件数やデータストレージの書き込み速度 だけでなくGOTの内部処理の負荷状況なども関係するため、一概に算出することはできません。 そのためロギング機能の[書き込み中通知デバイス]を使用して実際の処...

    • FAQ番号:20098
    • 公開日時:2018/09/07 17:09
  • SoftGOT-GOTリンク機能使用時の画面ジェスチャ機能について

    GT SoftGOT2000はジェスチャ機能に非対応のため、SoftGOT-GOTリンク機能 使用時にGT SoftGOT2000側からGOT側の画面ジェスチャ機能を使用できません。 GOT側が画面ジェスチャモード中やピンチアウト操作で拡大した画面を表示中に GT SoftGOT2000側が操作権を取得...

    • FAQ番号:17823
    • 公開日時:2014/01/31 15:00
    • 更新日時:2018/04/04 09:53
  • アラームログファイルをCSVに変換したことを知る方法について

    アラームログファイル(G2A)をCSVに変換したことを知る方法はあります。 変換中通知デバイスがONからOFFに変化したことを検知してください。 ※アラームログファイルの変換開始後に、変換トリガデバイスを必ずOFFしてください。  アラームログファイルの変換が完了しても、変換トリガデバイスがOFFしてい...

    • FAQ番号:24517
    • 公開日時:2019/01/11 16:31
  • ユーザアラーム監視で履歴が満杯になった場合の古い履歴を削除する方法について

    ユーザアラーム監視で履歴が満杯になった場合、古い履歴を削除する方法は以下のとおりです。 ◆GT Designer3 (GOT2000) Version1.100E以降の場合 1. [共通の設定]→[アラーム]→[ユーザアラーム監視]から[ユーザアラーム監視一覧]を表示し、   [新規作成]、またはアラー...

    • FAQ番号:24502
    • 公開日時:2019/01/11 16:26
  • バッファリングエリア内のデータがファイル保存されるタイミングについて

    以下のタイミングでバッファリングエリア内のデータはファイルに保存されます。 1. アラーム   ・[保存トリガ]が成立した時   ・タッチスイッチ(キーコード:FFBBh)による保存が行われた時   ・バッファフラッシュ強制保存信号(GS520.b0)がONした時   ・SDカードカバーを開ける、または...

    • FAQ番号:23146
    • 公開日時:2018/10/01 17:56
  • GT SoftGOT2000のレポート機能で印字トリガを成立させたとき、C...

    GT SoftGOT2000でのレポート機能で印字トリガを成立させたとき、G2Zファイルが存在するが CSVファイルが作成されない場合は、以下を確認してください。 (AドライブにCSVファイルを作成する場合です) ◆GT SoftGOT2000 Version1.100E以降の場合 1. 管理者権限を...

    • FAQ番号:20620
    • 公開日時:2018/08/10 11:38
  • GT SoftGOT2000とGX Simulator2の接続方法について

    GT SoftGOT2000とGX Simulator2の接続方法は以下のとおりです。 1. GX Simulator2を起動します。 ◆GX Works2 Version1.09K以降の場合  (1) GX Works2プロジェクトデータを開く、もしくは新規作成します。  ・既存のGX Works2...

    • FAQ番号:20619
    • 公開日時:2018/08/10 13:12
  • GT SoftGOT2000でパソコンのモニタの縦置きについて

    GT SoftGOT2000でパソコンのモニタを縦置きにして使用できます。 GT SoftGOT2000に縦置き設定はありませんが、 画面作成時の解像度を指定することで、縦長の画面を表示することができます。 (例:横800×縦1200など) GT Designer3 (GOT2000)で設定します。 ...

    • FAQ番号:20591
    • 公開日時:2018/08/10 11:37
  • GT SoftGOT2000のSGBデバイス、SGDデバイスについて

    GT SoftGOT2000のSGBデバイス、SGDデバイスとはGT SoftGOT2000の内部デバイスです。 Edgecrossが収集したデータを、GT SoftGOT2000に取り込むために使用します。 SGB、SGDデバイスは、GT Designer3 (GOT2000) Version1.195D以...

    • FAQ番号:20590
    • 公開日時:2018/08/10 13:10
  • GT SoftGOT2000のEdgecross連携機能について

    GT SoftGOT2000のEdgecross連携機能は、 Edgecrossが収集したデータをGT SoftGOT2000でモニタする機能です。 Edgecross連携機能は、GT Designer3 (GOT2000) Version1.195D以降で使用できます。 詳細については、下記を参照して...

    • FAQ番号:20589
    • 公開日時:2018/08/10 13:09

291件中 261 - 270 件を表示