• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 <フック棒操作式>負荷開閉器 』 内のFAQ

4件中 1 - 4 件を表示

前へ 1 / 1ページ 次へ
  • 電圧引外し装置(トリップコイル)の定格電流について

    電圧引外し装置(トリップコイル)の定格電流は以下のとおりです。 AC100/110V : 5A(実効値) DC100/110V : 7A

    • FAQ番号:13220
    • 公開日時:2012/02/24 21:37
  • 電圧引外し装置(トリップコイル)の後取付について

    下記LBSについて、電圧引外し装置(トリップコイル)の後取付は可能です。ただし、お客様での取付はできませんので、最寄りの三菱電機システムサービスへご用命ください。(対象機種:SCL-EHS1R、SCL-EHS2R、SCL-EHF3R)

    • FAQ番号:13222
    • 公開日時:2012/02/24 21:37
  • 引外し回路スイッチの使用について

    引外し回路スイッチは、LBS引外し後に引外しコイルの回路を切り離すためのスイッチです。 引外しコイルは瞬時定格なので、焼損防止のため操作用電源を負荷開閉器の上位からとる場合や、直流のように別電源からとる場合は、引外し回路スイッチを操作回路に入れて、引外し後に電流を遮断する必要があります。

    • FAQ番号:13219
    • 公開日時:2012/02/24 21:37
  • ストライカトリップ時のヒューズ溶断スイッチの動作について

    ヒューズ溶断スイッチはストライカにより保持された状態となります。

    • FAQ番号:13223
    • 公開日時:2012/02/24 21:37

4件中 1 - 4 件を表示