『 SoftGOT1000 』 内のFAQ

162件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 17ページ 次へ
  • GT SoftGOT1000のWindows 7対応について

    GT SoftGOT1000はWindows 7に以下のバージョンで対応しています。 ◆GT SoftGOT1000 Version3の場合 使用するWindowsのOSに合わせて、以下のバージョンのソフトウェアを使用してください。 ・32ビット版OS:Version3.15R以降 ・64ビット版OS...

    • FAQ番号:16311
    • 公開日時:2012/10/25 17:00
    • 更新日時:2018/07/12 16:52
  • 同一デバイスを異なるタイミングでロギングする方法について

    1個のロギング機能に設定できる周期は1種類のため、同一デバイスを異なる周期でロギングする場合は、 複数のロギング機能を用意してください。 1プロジェクトに設定できるロギングの数は以下のとおりです。 ・GT27、GT25、GT SoftGOT2000:60個 ・GT21:4個 ・GT16、GT15、GT ...

    • FAQ番号:16723
    • 公開日時:2012/12/25 15:00
    • 更新日時:2018/08/21 16:14
  • GT SoftGOT1000のWindows 8対応について

    GT SoftGOT1000はWindows 8に以下のバージョンで対応しています。 ◆GT SoftGOT1000 Version3の場合 使用するWindowsのOSに合わせて、以下のバージョンのソフトウェアを使用してください。 ・32ビット版OS:Version3.73B以降 ・64ビット版OS...

    • FAQ番号:17449
    • 公開日時:2013/05/31 15:00
    • 更新日時:2018/07/17 10:39
  • GT SoftGOT2000用ライセンスキーの流用可否について

    GT SoftGOT2000用のライセンスキーは、GT SoftGOT1000で使用できません。 GT SoftGOT1000用のライセンスキー(GT15-SGTKEY-U)を使用してください。

    • FAQ番号:20548
    • 公開日時:2018/08/10 11:36
  • 標準キーウィンドウ上の入力可能範囲の非表示について

    ◆GT Designer3 (GOT2000) Version1.100E以降、  GT Designer3 (GOT1000) Version1.00A以降の場合 キーウィンドウのタイプを以下のように設定してください。 【設定箇所】 1. プロジェクト単位で設定する方法と画面単位で設定する方法があります...

    • FAQ番号:12559
    • 公開日時:2012/03/30 18:26
    • 更新日時:2018/09/13 17:55
  • ビットデバイスON時の50本の縦線描画について

    部品表示やオブジェクトスクリプトを使用する方法などがあります。 (例)オブジェクトスクリプトを使用する場合 自由図形描画関数d_lineを使用してください。 自由図形描画関数で描画する図形などの設定可能点数は、作画ソフトウェアのバージョンによって 異なります。設定可能数を超える場合は、オブジェクトスク...

    • FAQ番号:12616
    • 公開日時:2012/03/30 18:26
    • 更新日時:2018/09/22 08:54
  • アスキーデータのロギングについて

    ◆GT Designer3 (GOT2000) Version1.122C以降の場合 ロギングしたアスキーデータをCSVファイルでアスキー文字として表示できます。 詳細については、下記を参照してください。 GT Designer3 (GOT2000) 画面設計マニュアル (SH-081219-V) 「...

    • FAQ番号:16714
    • 公開日時:2012/12/25 15:00
    • 更新日時:2018/08/28 14:34
  • ヒストリカルトレンドグラフで使用できるデータ形式について

    ヒストリカルトレンドグラフ機能は、アスキーデータに非対応のため表示できません。

    • FAQ番号:17038
    • 公開日時:2013/01/30 15:00
    • 更新日時:2018/08/10 15:55
  • ヒストリカルトレンドグラフで指定した時刻のデータをグラフ上に表示する方法

    ◆GT Designer3 (GOT2000) Version1.100E以降の場合、  GT Designer3 (GOT1000) Version1.00A以降の場合 1. [拡張機能]タブの[表示位置時刻指定]にデバイスを設定し、数値入力等で   表示したい時刻を格納してください。  2. キーコー...

    • FAQ番号:17042
    • 公開日時:2013/01/30 15:00
    • 更新日時:2018/08/20 14:11
  • ヒストリカルトレンドグラフ機能の逐次表示について

    逐次表示でグラフ線の表示が横軸の表示範囲を超えた場合、表示したグラフ線を消さないように することはできません。 GOT2000では描画モードを次点移動表示にすることにより、 表示中のグラフを消去せず表示できます。 詳細については、下記を参照してください。 GT Designer3 (GOT200...

    • FAQ番号:17051
    • 公開日時:2013/01/30 15:00
    • 更新日時:2018/08/10 16:53

162件中 1 - 10 件を表示