ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 12395
  • 公開日時 : 2012/03/30 18:26
  • 更新日時 : 2018/10/16 15:54
  • 印刷

GOT本体とパソコンでの画面データのデバッグについて

回答

GOT本体とパソコンをRS-232ケーブルで接続し、画面データをデバッグ(デバイス値の変更、
デバイス値の変化の確認)できます。
設定したデバイスの状態をファイル保存し、次のデバッグ時に使用できます。

◆SW3NIW-A8GOTPの場合
(例)M0のON/OFFを表示するランプのデバッグ
1. [通信]→[デバッグ]を選択。
2. [初期設定]ダイアログボックスで[初期化]を選択。
3. [デバッグ]ダイアログボックスで[接続]を選択。
4. [モニタデバイス]でM0を設定。
5. [セットデバイス]でM0をON/OFFできます。

詳細については下記を参照してください。
SW3NIW-A8GOTP形作画設定ソフトウェアパッケージ オペレーティングマニュアル
(データ転送・デバッグ・ドキュメント作成編) (IB-68914-D)
「3.7章 シーケンサなしでデバックを行う」
製品名
表示器 GOT
製品分類
GOT800シリーズ
シリーズ
GOT800シリーズ, 旧作画ソフトウェア
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください