• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 13013
  • 公開日時 : 2012/02/24 21:33
  • 印刷

混触防止板について

混触防止板とは何ですか。
カテゴリー : 

回答

混触防止板とは高圧コイルと低圧コイルの接触を防止するため、高圧コイルと低圧コイルの絶縁の間に挿入し、接地した導体をいいます。

 

図:混触防止板

(混触防止板の目的)
変圧器には上図のように低圧コイルの外側に高圧コイルが巻かれています。この高圧コイルと低圧コイルの間は絶縁物を介して絶縁していますが、万一、絶縁が破れると低圧側に高電圧が侵入することで低圧側の機器が破損したり、人体に危険が生じたりします。
混触防止板は絶縁が破れても低圧側に高電圧が侵入しないよう保護するためにあります。

製品名 : 
配電用変圧器
シリーズ : 
全て
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください