ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 13048
  • 公開日時 : 2012/02/24 21:33
  • 印刷

一次6.6kVの変圧器を3kVで使用することについて

一次6.6kV、二次210Vの変圧器を一次3.3kV、二次105Vに使用しても問題ありませんか。
カテゴリー : 

回答

負荷を変圧器容量の半分以下で使用すれば問題ありません。ただし短絡インピーダンスは倍になります。
変圧比が一致し、定格電圧より低い電圧で使う場合は過励磁の心配がありませんが、銘板記載の定格電流以上の電流を流すことはできませんので、電圧が半分になった分だけ容量も半分にし、過負荷にならないように使う必要があります。また短絡インピーダンス(V)は変わらないため3.3kVに対して短絡インピーダンスは倍となり電圧降下が大きくなりますので、注意する必要があります。このような使い方は非常に効率の悪い変圧器となりますので応急的な仮使用にとどめてください。
製品名
配電用変圧器
シリーズ
全て
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください