• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 20464
  • 公開日時 : 2018/07/17 20:07
  • 印刷

GOT Mobile機能とSoftGOT-GOTリンク機能との差異

回答

GOT Mobile機能とSoftGOT-GOTリンク機能の違いとして、
GOTと情報機器との接続可能クライアント数や、クライアントの操作画面作成要否、データの格納先などがあります。
それぞれの特長は以下の通りです。

◆GOT Mobile機能
・使用する端末:ブラウザがインストールされた情報機器(Windowsパソコンやタブレット等)
・GOT1台に接続可能なクライアント数:最大5クライアント
・クライアント用画面の作成要否:必要。(GT Designer3で作成する必要があります)
・必要なライセンス数:GOT1台に対し、1ライセンス
・画面の表示内容:GOTと各クライアントで、別々の画面を表示
・プロジェクトデータ、リソースデータ格納先:GOT

◆SoftGOT-GOTリンク機能
・使用する端末:GT SoftGOT2000がインストールされたパソコンまたはパソコンCPU
・GOT1台に接続可能なクライアント数:GT SoftGOT2000を1台(GOT ネットワーク連携機能を
有効にすると、GT SoftGOT2000を7台まで接続可能)
・クライアント用画面の作成要否:不要
・必要なライセンス数:パソコン1台に対し、GT SoftGOT2000用ライセンスキー1つ
・画面の表示内容:GT SoftGOT2000とGOTが別々の画面を表示することもできる
・プロジェクトデータ、リソースデータ格納先:GOTとGT SoftGOT2000でそれぞれ格納先を持つ

詳細については、下記を参照してください。
GT SoftGOT2000 Version1 操作マニュアル (SH-081193-V)
「4.12章 SoftGOT-GOTリンク機能」
製品名 : 
表示器 GOT
製品分類 : 
GOT本体機能(GOT Mobile), GOT本体機能(SoftGOT-GOTリンク), ライセンス(GOT Mobile), ライセンス(GT SoftGOT)
シリーズ : 
GOT2000シリーズ
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください