• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 24407
  • 公開日時 : 2018/11/04 10:35
  • 印刷

MICAM-VARⅢの更新について

MICAM-VARⅢからVAR-6Aへ更新する場合、更新時の注意点を教えてください。

 
カテゴリー : 

回答

主な注意点は次の3つです。

①MICAM-VARⅢでは三相3線平衡回路の場合、VT、CTが1台ずつの接続に対応しておりましたが、VAR-6Aでは対応していません。
三相3線平衡回路の場合でもVT、CTを2台ずつ接続する必要があります。

VAR-6AのVT接続箇所:P1-P2間、P2-P3間
VAR-6AのCT接続箇所:1相、3相

②コンデンサ制御出力の接点容量をMICAM-VARⅢ「AC250V 7.5A」からVAR-6A「AC250V 1A」に変更しています。

③外形寸法、端子配列が異なるため、MICAM-VARⅢとVAR-6Aに取付の互換性はありません。

仕様の詳細は取扱説明書を参照してください。
取扱説明書:三菱三相力率自動調整装置 MICAM-VARⅢ取扱説明書(資料番号:IB63883)
FAサイト FAトップのダウンロードページ(マニュアル)からダウンロードできます。

 
製品名 : 
自動力率調整装置
シリーズ : 
-
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください