ここから本文

Factory Automation

よくあるご質問
(FAQ)

Factory Automation

よくあるご質問(FAQ)製品について

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 省エネ支援機器 』 内のFAQ

149件中 51 - 60 件を表示

前へ 6 / 15ページ 次へ
  • 停電補償について

    設定値、積算値(電力量(消費、回生)、無効電力量、期間電力量、パルスカウント値、稼動時間)は不揮発性メモリに保存されますので、消えることはありません。停電復帰後は停電前の値から続けて積算されていきます。 瞬時値(電流、電圧、電力、無効電力、皮相電力、力率、周波数、高調波電流、高調波電圧)はデータ更新周期ごとに値... 詳細表示

  • 外形寸法図

    外形図のみはありませんので標準仕様書を参照ください。 FAトップ>ダウンロードから、資料がダウンロード出来ます。 詳細表示

  • 電流センサ(形名:EMU-CT400/600)の短絡スイッチについて

    電流センサを設置するときはスイッチを「短絡」にし、計測を開始するときはスイッチを「開放」へスライドさせてください。 開放していない場合、計測されません。 詳細表示

  • 自動収集の注意事項(EcoAdviser)

    自動収集を行うときは次の点に注意してください。 ①パソコンがスリープ状態の場合は自動収集が行われません。  電源オプションを確認し、スリープ状態へ移行する設定時間を「なし」にしてください。 ②EcoAdviserを起動状態にしておいてください。  停電などによってパソコンの電源が切れていたり、EcoAdv... 詳細表示

  • EcoServerⅢの仮想計測点の登録(MES3-EAP1-DA)

    EcoServerⅢに登録している仮想計測点、原単位計測点を省エネ分析アプリケーションで扱うには、各計測点の登録内容を手動で省エネ分析アプリケーションに登録してください。 EcoServerⅢの仮想計測点、原単位計測点に対応する省エネ分析アプリケーションの計測点は以下になります。 EcoSer... 詳細表示

  • エネルギー計測ユニットの補助電源

    補助電源とは、エネルギー計測ユニットを動作させるために必要な外部電源です。 補助電源を使用して、計測演算、画面表示、通信などを行っていますので、必ず入力してください。 詳細表示

  • 省エネデータ収集サーバ接続サンプル画面のGOT2000シリーズでの使用方法

    サンプル画面の説明書に、GOT2000シリーズで使用する場合のプロジェクト変換手順を記載しています。 サンプル画面説明書(管理番号:e-GOT-002-2)を参照し、サンプル画面のプロジェクトをGOT2000シリーズ用に変換してご使用ください。 省エネデータ収集サーバ接続サンプル画面データおよび、その説明... 詳細表示

  • グラフが表示されない(EcoServerⅢ)

    Java証明書の有効期限が切れている可能性があります。本体プログラムおよび設定ソフトウェアを最新のバージョンにバージョンアップしてください。 バージョンアップ手順については「省エネデータ収集サーバEcoServerⅢ本体プログラム、設定ソフトウェア バージョンアップ手順書(LEN170308)」を参照してくださ... 詳細表示

  • ロギングデータから日月報を作成する方法(形名:EMU4-LM)

    ロギングユニットユーティリティ(無償ソフトウェア)を使用することで、エネルギー計測ユニット用ロギングユニットにて収集したロギングデータから日報、週報、月報の作成が可能です。 ※ご使用にはExcel®をインストールしている必要があります。 また、ロギングユニットユーティリティからロギング設定の変更も可能です... 詳細表示

  • 小形表示ユニット(形名:EMU4-D65)のケーブル延長

    延長ケーブル(形名:EMU2-CB-T1M、EMU2-CB-T5M、EMU2-CB-T10M)にて延長可能です。 ケーブルの延長は、延長ケーブルの長さの合計が10m以内となるようにしてください。 詳細表示

149件中 51 - 60 件を表示