ここから本文

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 12638
  • 公開日時 : 2012/03/30 18:26
  • 更新日時 : 2018/09/06 09:08
  • 印刷

QCPUからのGOTの正常動作確認(生存確認)について

回答

QCPUの特殊リレーSM413(2秒クロック)をモニタし、GOTの状態監視機能を使用することで、
GOTが正常に動作/通信しているかを判断できます。
1. GOTの状態監視機能をプロジェクト単位で、以下のように2つ設定してください。
  GOTが正常に動作/通信している間、M0が1秒おきON/OFFを繰り返します。
  (1) 条件:SM413(ON中)、動作:ビットSET、M0
  (2) 条件:SM413(OFF中)、動作:ビットRST、M0
2. 以下のシーケンスプログラムを実行してください。
  GOTの動作/通信に何らかの異常がある場合、Y0がONします。

 ■ラダー形式の場合



 ■リスト形式の場合
  LD M0
  OUT T0 K30
  LDI M0
  OUT T1 K30
  LD T0
  OR T1
  OUT Y0
  END

※ACPUの場合は、特殊リレーM9033(2秒クロック)を使用してください。
製品名
表示器 GOT
製品分類
GOT本体機能(通信), GOT本体機能(基本機能)
シリーズ
GOT1000シリーズ, GOT900シリーズ
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください