• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 16725
  • 公開日時 : 2012/12/25 15:00
  • 更新日時 : 2018/08/21 16:23
  • 印刷

ロギング機能の動作モードについて

ファイル保存モードとバッファ履歴モードの選択基準は?

カテゴリー : 

回答

使用用途に合わせて動作モードを選択してください。
1. ファイル保存モード
  ・大量のロギングデータをファイル保存する場合
  ・1ファイルに格納するログ件数を設定し、設定値を超えたら自動的にファイルを作成して保存する場合
   (例:1 日分のデータを収集したらファイルを作成など)
2. バッファ履歴モード
  ・ロギングデータをファイル保存する必要がない場合
  ・高速なロギングと、高速なヒストリカルトレンドグラフ、ヒストリカルデータリスト表示を行う場合

※収集したロギングデータは、ヒストリカルトレンドグラフまたはヒストリカルデータリスト表示により
 GOT上で表示できます。
※GT2104-PMBLS、GT2103-PMBLSは、SDメモリカードが使えないため、
 ファイル保存モードを使用できません。

詳細については、下記を参照してください。
GT Designer3 (GOT2000)画面設計マニュアル (SH-081219-V)
 「9.2.3章 ロギングの使い方」
 「8.10章 ヒストリカルデータリスト表示を配置する」
 「8.21章 ヒストリカルトレンドグラフを配置する」
GT Designer3 Version1 画面設計マニュアル(作画編) (SH-080837-AF)
 「24.4.1章 ファイル保存モード」
 「24.4.2章 バッファ履歴モード」
 「8章 ヒストリカルデータリスト表示」
 「20章 ヒストリカルトレンドグラフ」
製品名 : 
表示器 GOT
製品分類 : 
GOT本体機能(ロギング)
シリーズ : 
GOT1000シリーズ, GOT2000シリーズ, SoftGOT1000, SoftGOT2000
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください