• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 24576
  • 公開日時 : 2019/02/12 12:57
  • 更新日時 : 2019/12/16 13:38
  • 印刷

シーケンサからスクリーンセーブを制御する方法について

回答

シーケンサからスクリーンセーブを制御できます。
システム情報(読み出しデバイス)を使用してください。
強制スクリーンセーブ信号(システム信号1-1.b1)をON、OFFすることで、スクリーンセーブを制御できます。
システム情報は画面作成ソフトウェアで設定してください。

(例)システム信号1-1.にD0を使用してスクリーンセーブを制御する。
  ラダープログラムの例です。
  (例1)M0の値に合わせてD0.b1をON、OFFします。
  図1 
 
  (例2)M0の立上り時にD0.b1をON、M0立下り時にD0.b1をOFFします。
  図2 


  ◆GT Designer3 (GOT2000) Version1.100E以降の場合
  1. [共通の設定]→[GOT環境設定]→[システム情報]を選択し、[環境設定]の設定ダイアログを開く
  2. [システム情報を使用する]にチェックを入れ、各項目を設定する
    図3
製品名
表示器 GOT
製品分類
GOT本体機能(基本機能), GT SoftGOT2000
シリーズ
GOT2000シリーズ, SoftGOT2000
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください