• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 機種共通 』 内のFAQ

25件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 3ページ 次へ
  • 人工地絡試験

    継電器を動作させない方法は主に下記の3つです。  1. 地絡過電圧(OVG)要素の「動作電圧(%)」の整定スイッチを『ロック(不使用)』に合わせる。    なお、主回路を停電せず通電中に整定スイッチを変更する(「動作電圧(%)」を『ロック(不使用)』にする)ことは、    継電器が動作する恐れがあるため...

    • FAQ番号:24468
    • 公開日時:2019/03/14 12:17
  • 地絡過電圧(OVG)要素の動作

    以下の要因が考えられます。  ・構内もしくは構外で地絡事故が発生  ・地絡事故は起こっていないが、力率改善コンデンサによってV0が発生  ・地絡事故は起こっていないが、3相電圧のアンバランスによってV0が発生

    • FAQ番号:24711
    • 公開日時:2019/04/19 08:49
  • 耐圧試験

    継電器とMPD-3形零相電圧検出器が接続された状態で主回路の耐圧試験を実施すると、 継電器に想定以上の零相電圧が印可され、破損する可能性があります。 Y1とY2端子の結線を外すことで、MPD-3形零相電圧検出器と継電器を分離し、 その上で主回路の耐圧試験を行って下さい。

    • FAQ番号:24469
    • 公開日時:2018/11/26 19:05
  • 継電器の選定

    売電の有無で機種を選定して下さい。  ・売電なしの場合:地絡過電圧(OVG)と逆電力(RP)の保護要素を備えているCRV1-A01S1を選定  ・売電ありの場合:地絡過電圧(OVG)の保護要素のみ備えているCVG1-A02S1を選定

    • FAQ番号:24715
    • 公開日時:2019/04/19 08:49
  • (リレー)ロック解除時間

    リレーロックD/I機能を利用(DI端子へ電圧を印加)している間、保護機能を不使用(ロック)となります。 「(リレー)ロック解除時間」とは、DI端子への電圧印加解除後、保護要素の不使用(ロック)が解除されるまでの時間を任意に整定する機能です。

    • FAQ番号:24470
    • 公開日時:2018/11/26 18:50
  • バックアップ電源

    B-T1の出力電圧はDC140/155Vのため、MELPRO-Sシリーズの継電器のバックアップ電源としてご使用いただけません。

    • FAQ番号:24708
    • 公開日時:2019/03/14 11:26
  • ロック解除時間

    系統連系時の電力動揺時間を考慮し選択してください。 なお、リレーロックD/I機能を利用(DI端子へ電圧を印加)していなければ、何秒に整定していただいても保護機能に影響はありません。

    • FAQ番号:24719
    • 公開日時:2019/02/28 20:13
  • 項目データ表示LED(地絡過電圧要素)

    「選択スイッチ」で『強制動作(地絡過電圧要素)』を選択している場合、 「項目データ表示LED」には[EL1]と表示されます。 継電器の故障やエラー表示ではありません。

    • FAQ番号:24712
    • 公開日時:2019/02/28 20:12
  • 動作表示LED

    まず、「(表示)復帰ボタン」を押して下さい。 事故が除去されていれば、継電器正面の「(表示)復帰ボタン」を押すと消灯します。 消灯しない場合は事故が継続している可能性があります。 事故が除去されているかどうかご確認下さい。

    • FAQ番号:24473
    • 公開日時:2019/02/28 20:12
  • 選択スイッチ

    特に指定はありませんが、「V0(%)」または、「表示消灯」に設定するのが一般的です。

    • FAQ番号:24718
    • 公開日時:2019/02/28 20:13

25件中 1 - 10 件を表示