• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 地絡方向継電器 』 内のFAQ

14件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 2ページ 次へ
  • 整定値設定について

    使用禁止のポジションは最大整定値となります。零相電圧では、使用禁止全てのポジションが10%、零相電流では、使用禁止全てのポジションが1.0A、動作時間では、使用禁止全てのポジションが1.0秒となります。

    • FAQ番号:13137
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 更新推奨時期について

    弊社では推奨更新時期(使用開始後)を15年としています。また、日本電機工業会(JEMA)発行のJEM—TR 156「保護継電器の保守点検指針」では更新推奨時期を15年とされています。

    • FAQ番号:13149
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 組合せ変成器について

    不可です。規格JIS C 4609では、周辺機器と継電器を組み合わせての保証となることから他社製品との組合せは不可となります。

    • FAQ番号:13144
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 組合せ変成器について

    シールド線を使用して往復5Ω以下とする必要があります。高圧受電設備規程では、「ZCT2次配線は2本をツイストするとともに、他の電力線より少なくとも30cm以上離すこと」とされています。MZT形ZCT以外にMPD−3形ZVTとリレー間の距離についても同様です。

    • FAQ番号:13140
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 組合せ変成器について

    組合せ不可です。当社製専用のMZT形ZCTと組み合わせる必要があります。

    • FAQ番号:13139
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • RUNの点灯条件について

    制御電源85V以上で点灯します。

    • FAQ番号:13136
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 既設変成器の流用可否について

    流用可能ですが、製造より15年以上経過している場合は、経年劣化していることから更新を推奨いたします。また、日本電機工業会(JEMA)技術資料でも更新推奨時期は15年とされています。

    • FAQ番号:13148
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 組合せ変成器について

    以下のとおりです。 (1)負荷が異なる2つのフィーダにそれぞれZCTを敷設して1台の地絡方向継電器で検出 この場合、適用不可です。 (2)負荷が同一でケーブルの容量の関係からケーブル2本とし、それぞれにZCTを敷設して1台の地絡方向継電器で検出 この場合、可能な限り2本のケーブルを大きな貫通径のZCTに一括貫通さ...

    • FAQ番号:13143
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 組合せ変成器について

    シールド線を使用して往復5Ω以下とする必要があります。 MPD−3形ZVT以外にMZT形ZCTとリレー間の距離についても同様です。

    • FAQ番号:13141
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 組合せ変成器について

    5台までです。6台以上となる場合は、MPD−3形から接続しているリレーのVo拡張端子(M-N)を利用してください。このVo拡張端子からさらに20台まで接続可能です。

    • FAQ番号:13142
    • 公開日時:2012/02/24 21:35

14件中 1 - 10 件を表示