• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 地絡継電器(MGR-A1形) 』 内のFAQ

22件中 1 - 10 件を表示

前へ 1 / 3ページ 次へ
  • ケーブルのシールドアース

    異なります。 カタログおよび取扱説明書に記載の「地絡継電器とケーブルのシールドアース」をご参照下さい。 詳細は、高圧受電設備規程(JEAC 8011)をご確認下さい。

    • FAQ番号:23622
    • 公開日時:2018/09/20 20:33
  • 試験の方法について

    周辺機器(ZCT)と組み合わせて周辺機器の1次側より入力してください。規格JIS C 4601では、周辺機器と継電器を組み合わせての性能保証となります。

    • FAQ番号:13158
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • MGR-A1形地絡継電器と接続する零相変流器

    接続する零相変流器はMZT形零相変流器です。 製品ラインナップは、MELPRO-Aシリーズのカタログをご参照ください。

    • FAQ番号:23101
    • 公開日時:2018/09/06 15:46
  • テストボタンと継電器の動作

    「動作時間(s)」で整定した時間以上、テストボタンを長押しすることで継電器が動作します。

    • FAQ番号:23812
    • 公開日時:2018/09/26 11:50
  • 組合せ変成器について

    以下のとおりです。 (1)負荷が異なる2つのフィーダにそれぞれZCTを敷設して1台の地絡方向継電器で検出 この場合、適用不可です。 (2)負荷が同一でケーブルの容量の関係からケーブル2本とし、それぞれにZCTを敷設して1台の地絡方向継電器で検出 この場合、可能な限り2本のケーブルを大きな貫通径のZCTに一括貫通さ...

    • FAQ番号:13154
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 制御電源(MGR-A1形地絡継電器)

    使用できません。制御電源はAC110Vです。

    • FAQ番号:23659
    • 公開日時:2018/09/19 15:29
  • 継電器と周辺機器(MGR-A1形地絡継電器)

    MGR-A1形地絡継電器は、周辺機器を含めた装置として動作保証しております。 そのため、周辺機器(ZCT)も弊社指定の製品(MZT形零相変流器)へ更新する必要があります。

    • FAQ番号:23411
    • 公開日時:2018/09/19 15:28
  • 更新推奨時期について

    弊社では推奨更新時期(使用開始後)を15年としています。また、日本電機工業会(JEMA)発行のJEM—TR 156「保護継電器の保守点検指針」では更新推奨時期を15年とされています。

    • FAQ番号:13160
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 適用箇所について

    不可です。非接地系統においてZCTにて検出する方式のため非常に感度が高くなっています。

    • FAQ番号:13157
    • 公開日時:2012/02/24 21:35
  • 組合せ変成器について

    不可です。専用の弊社MZT形のZCTと組合わせる必要があります。

    • FAQ番号:13156
    • 公開日時:2012/02/24 21:35

22件中 1 - 10 件を表示