• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 23813
  • 公開日時 : 2018/09/22 10:57
  • 印刷

MPD-3形零相電圧検出器を用いた試験

MPD-3形零相電圧検出器に関して、MPD-3T形トランス箱の試験端子(T)は、どのような使い方をすればよいですか。
カテゴリー : 

回答

MPD-3T形トランス箱の試験端子(T)を使用して試験を行う場合は、MPD-3の一次側の3相を一括して試験を行う場合に比べ、1/10倍の電圧印加で試験を行えます。
目的に応じて下記の試験方法をご選択ください。

 1. MPD-3C形高圧コンデンサを含め、系統設備の確認で試験を行う場合
  →MPD-3の一次側の3相一括と対地間への電圧印加

 2. 継電器の試験を行う場合
  →MPD-3T形トランス箱の試験端子(T)と対地間への電圧印加

 
製品名 : 
保護継電器
製品分類 : 
零相電圧検出器
シリーズ : 
MELPRO-A
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください