• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

ご質問内容

  • FAQ番号 : 25097
  • 公開日時 : 2019/06/25 11:02
  • 印刷

LCPUとCPU直接接続をする際のシリアルコミュニケーション機能について

回答

LCPUとCPU直接接続をする際のシリアルコミュニケーション機能の設定については以下のとおりです。

1. L02SCPU(-P)に接続する場合、L6ADP-R2アダプタを使用する場合
  シリアルコミュニケーション機能を設定しないでください。
  設定した場合、通信できないことがあります。
  ◆GX Works2の場合
   ナビゲーションウィンドウ→[PCパラメ-タ]→([内蔵シリアル設定]または[アダプタシリアル設定])
   以下の項目を設定する。
   ・[機能選択]:使用しない
   図1 L02SCPU(-P)の場合

   図2 L6ADP-R2アダプタを使用する場合

2. L6ADP-R4アダプタを使用する場合
  シリアルコミュニケーション機能を設定してください。
  ◆GX Works2の場合
   ナビゲーションウィンドウ→[PCパラメ-タ]→[アダプタシリアル設定]
   以下の項目を設定する。
   ・[機能選択]:GOT接続
   ・[通信速度設定]:(GOTの通信設定に合わせる)
   図3 L6ADP-R4アダプタを使用する場合

  ※L6ADP-R4を使用する場合、シリアルNo.の上5桁が15102以降のLCPUを使用してください。
  ※L6ADP-R4アダプタのディップスイッチで通信設定を行ってください。

詳細については、下記を参照してください。
GOT2000シリーズ接続マニュアル(三菱電機機器接続編) GT Works3 Version1対応 (SH-081189-AA)
「6.5章 シーケンサ側の設定」
製品名
表示器 GOT
製品分類
GOT本体機能(通信)
シリーズ
GOT2000シリーズ, SoftGOT2000
疑問・問題は解決されましたか?

解決されない場合はこちらよりご質問ください。

仕様・機能に関するお問い合わせ

アンケート:
ご意見をお聞かせください