『 LD77MH 』 内のFAQ

59件中 11 - 20 件を表示

前へ 2 / 6ページ 次へ
  • モータ電流値

    (1)単位は(バッファメモリの内容×0.1)[%]です。 (2)モータ電流値の符号については以下のとおりです。   ・プラス(+)は正転方向のモータ電流値  ・マイナス(-)は逆転方向のモータ電流値

    • FAQ番号:11896
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
  • エラー1201

    エラー1201は、絶対位置復元用バックアップデータを消失したときに出るエラーです。サーボアンプのバッテリを確認後、機械原点復帰を行ってください。

    • FAQ番号:16405
    • 公開日時:2012/11/01 17:58
  • 緊急停止

    サーボアンプに表示される“E7”は、コントローラ緊急停止警告です。以下の方法で解除してください。(1) 外部入力の緊急停止入力信号を配線していない場合は、位置決め用パラメータ“Pr.82 緊急停止有効/無効設定”を「1:無効」にしてください。(2) コントローラの緊急停止を行った場合は、安全を確認して、緊急停止を...

    • FAQ番号:16667
    • 公開日時:2012/12/12 20:46
  • ソフトウェアストロークリミット

    “Pr.12 ソフトウェアストロークリミット上限値”と“Pr.13 ソフトウェアストロークリミット下限値”に同じ値を設定してください。ただし、手動制御(JOG運転、インチング運転、手動パルサ運転)時にソフトウェアストロークリミットを無効にする場合は、“Pr.15 ソフトウェアストロークリミット有効/無効設定”を無...

    • FAQ番号:17713
    • 公開日時:2013/10/23 08:06
  • BUSY信号

    移動量“0”の位置制御をした場合もBUSY信号はONしますが、ON時間が短いため、シーケンスプログラムでON状態を検出できない場合があります。

    • FAQ番号:16992
    • 公開日時:2013/01/23 11:24
    • 更新日時:2018/05/30 11:54
  • 位置決め始動番号

    “Cd.3 位置決め始動番号”の設定値の詳細は以下の通りです。  1~600:位置決めデータNo.  7000~7004: ブロック始動指定No.  9001: 機械原点復帰  9002: 高速原点復帰  9003: 現在値変更  9004: 複数軸同時始動

    • FAQ番号:16124
    • 公開日時:2012/08/24 19:41
    • 更新日時:2018/05/22 08:22
  • 原点復帰要求フラグ

    原点復帰要求フラグ(“Md.31 ステータス:b3”)がONする場合は、サーボパラメータの「絶対位置検出システム(PA03)」の設定により異なります。 (1) 「1:有効(絶対位置検出システム)」の場合     ・システム立ち上げ後、一度も機械原点復帰を実施していないとき     ・機械原点復帰始動時 ...

    • FAQ番号:20241
    • 公開日時:2018/06/28 19:52
    • 更新日時:2018/08/10 14:01
  • JOG速度

    JOG速度は、始動前に “Cd.17 JOG速度”を設定してください。 始動中に速度を変更する場合は、速度変更機能により速度を変更してください。

    • FAQ番号:11871
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
    • 更新日時:2018/05/18 08:18
  • ワーニング

    原因を取り除いた後、“Cd.5 軸エラーリセット”によりエラーリセットを実行してください。

    • FAQ番号:11869
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
    • 更新日時:2018/05/18 09:16
  • 直線補間と円弧補間

    3軸直線補間と円弧補間は、連続運転はできません。 連続位置決め制御、連続軌跡制御を実行する場合は、制御軸数、対象軸が同じである必要があります。 2軸直線補間と円弧補間は連続運転可能です。

    • FAQ番号:11872
    • 公開日時:2012/03/21 10:39
    • 更新日時:2018/06/21 14:01

59件中 11 - 20 件を表示